平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

漢籍の読み方 1.書き下し文とは何か?

今回から何回かに分けて、漢籍の読み方や、読む時の注意点について書いていきます。

論語とか読みたいけど難しいからなぁ~」と思っている人や、「孫子とかどうせ難しいんでしょ」とあきらめている人から、もちろん、「オレは漢文バリバリじゃ」という人でも、「あっ!そうゆうことだったんだ~」と何か発見のあるような記事にしようと思っております。めんどくさがらず是非ともご一読ください。

 

今回は漢籍特有の書き下し文についての説明です。

 

1.書き下し文とは何か

 

そもそも書き下し文、または読み下し文とは、白文を日本語風に並べ替えた文章のことです。

 

1-1.白文

 まず、白文とは「己所不欲勿施於人」のように、漢字ばかり並べた文章のことです。

書かれたままの状態で、漢籍で言うならば原典です。

しかし、これでは日本語にはほど遠く、中国語が分かる人にしか読めません。

 

 1-2.書き下し文

そこで、これを日本語風にしたのが、書き下し文、または読み下し文です。

今回の例ですと、「己の欲せざる所、人に施すことなかれ」となります。

漢字の順番を並べ替えて、送り仮名などを補い、必要に応じて漢字を仮名にします。

また、二つの漢字「不」と「勿」が無くなっていることに気が付かれたかと思います。これは、書き下し文の決まりで、助詞や助動詞に当たる漢字は、基本的に「ひらがな」とするからです。こうすれば、だいぶ日本語らしいですね。

 

1-3.現代語訳、または翻訳

 とはいえ、これでもまだ日本語とは言えません。なぜなら、今、自分のことを「己(おのれ)」と言ったり、「~~することなかれ」と言ったりする人はいないからです。

だから、これを今の日本語に翻訳すると、「自分がしてほしくないと思うことは、人に対してもしてはならない」となります。

これならば、ほとんどの人が意味がわかりますね。

 

1-4.まとめ (英語と比較して)

 このように、漢籍では、他の外国語の翻訳と違い、原典翻訳との間に、「書き下し文」というものがあります。

また書き下し文とは、英語で例えるならば、「This is a pen. 」を「This a pen is.」としたようなものです。このため、書き下し文が読めないことは、日本人にとって当然のことでもあるのです。

ただ、英語の場合と違って、単語は日本でも使っている漢字です。このため、書き下し文でもなんとなく意味が分かるのです。

 

次の記事では、なぜ書き下し文があるのかを、日本の歴史を紐解くことで解説します。

hiratakeigo.hatenablog.com

 

今はこの記事⇒漢籍の読み方 1.書き下し文とは何か? - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 2.なぜ書き下し文があるのか - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 3.書き下し文は読まなくていいの? - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 4.書き下し文を読むのは脳トレ - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 5.でも書き下し文が読めない・・・ - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 6.漢和辞典を使おう「董卓戻礼」 - 平田 圭吾のページ

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。