読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

『中庸 現代語訳』の紹介

定価は200円と大変お求めやすくなっております。

KindleもしくはGoogle Play Booksを読む環境のある方は、写真下のリンクよりご購入いただき、是非ともご一読ください。

 

f:id:hiratakeigo:20150629112321j:plain

中庸 現代語訳 Kindle版   

中庸 現代語訳 - Google Play の書籍

 

中庸 現代語訳の概要 

 この『中庸』という書物は、儒学の経典「四書五経」のうち、四書の一つに挙げられるものです。作者は、孔子の孫にあたる子思とされています。
 この書物と日本との関係を見てみますと、儒学は、江戸時代に幕府のお墨付きの学問でありました。その儒学の経典なのですから、この『中庸』が日本に及ぼしてきた影響は大きなものと言えるでしょう。そういった意味で、日本に生まれたのならば、中身を理解したい書物ではあります。

f:id:hiratakeigo:20170423114626p:plain

 

中庸には儒学の奥義が書かれている

 しかし、『中庸』は書かれている内容が大変難しく、江戸時代などの儒学者の評価を見ましても、「儒学は、『論語』『大学』から入り、『孟子』で親しみ、『中庸』に極まる」といったような評価が散見されます。このように『中庸』は四書のうちでも比較的難しい書物であるのです。
 とはいえ、それもそのはずで、『中庸』は、儒学仏教道教老子学派)との違いに着目して、後に編集された書物であるからです。このようなわけで、自然とその内容も難しくなっているのです。
 なぜなら、仏教道教は、「存在そのもの」の意義に迫るような、精緻にして哲学的な思想であるからです。このため、そういった奥深いところでの違いが、『中庸』では述べられているのです。
 これは逆に言えば、『中庸』を理解できれば、仏教道教儒学の違いが分かるということでもあります。
 こういったわけですから、『中庸』を理解することは、大変に重要なことと言えるでしょう。

 

難解なことを分かりやすく翻訳

 そこで、今回は、前回の『大学・現代語訳』に引き続き、「漢文」を外国語と割り切って、『中庸』を平易な現代語に訳出してみました。この上で、読者の方の理解を助けるため、適宜、見出しを付け、必要最低限での補足を加えました。また、伝統的な注釈である朱子の注釈を基調としながらも、これを現代風に工夫して改めました。
 このため、初めて『中庸』を読む方に入りやすい翻訳であるのはもちろんのこと、既に儒学に詳しい方でも、他の訳書と比較していただくことで、さらなる理解が促されるものになったと思っております。

 ※書き下し文は、巻末に抜粋のみが掲載されております。

 

『中庸 現代語訳』の目次

はじめに(上の掲載文と同じです)
中庸とは
この本の読み方
中庸朱熹章句
1章~12章 「中庸」とは何か
13章~15章 君子の行うべきこと
16章~19章 孝とは何か
20章    政治とは何か
21章~26章 誠とは何か
27章~31章 至誠たる聖人の道
32章~33章 再び「中庸」とは何か
付録 中庸章句序
付録 書き下し文の抜粋

 

お買上げはこちらから

お使いの電子書籍ソフトに合わせて以下のリンクをクリックしてください。

中庸 現代語訳 Kindle版   

中庸 現代語訳 - Google Play の書籍

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。