読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

翻訳本 三略 少しずつ紹介1 「はじめに」

武経七書

 

はじめに

 

 この『三略』で最も有名な句と言えば、「柔能く剛を制し、弱能く強を制す」の一節でしょう。この言葉は、日本においてもかなり有名な言葉ですが、もともとこの『三略』にある言葉です。

 また、この言葉が有名であることからも分かるように、この『三略』は、『武経七書』として、日本の数々の武人や武将にも愛読されてきたものです。成立年代は春秋戦国時代の末期ということで、三国志の英雄たちも、この『三略』に親しんでいたことは間違いありません。

 このように、数々の英雄に愛されてきた『三略』ですが、内容としましては、「兵法書」と言うよりは、「政治指南書」と言うべきものとなっております。このため、『孫子』に似ていると言うよりは『韓非子』に似ていると言えます。また、柔や弱で剛や強を制するということから、思想面から言えば、『論語』と言うよりは、『老子』と言うこともできます。

 内容は大変奥深く洗練されており、読み応えのあるものです。そういった意味でも、この『三略』を読みこなせるか、使いこなせるかは、読み手さま次第であります。

 

『三略:兵法 武経七書』の紹介 - 平田 圭吾のページ

 

今はこの記事⇒翻訳本 三略 少しずつ紹介1 「はじめに」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 三略 少しずつ紹介2 「三略とは」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 三略 少しずつ紹介3 「主将之法」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 三略 少しずつ紹介4 「剛柔強弱 その1」 - 平田 圭吾のページ 

翻訳本 三略 少しずつ紹介5 「天地流転」 - 平田 圭吾のページ

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。