読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

翻訳本 三略 少しずつ紹介2 「三略とは」

 

三略』について

 

 作者とされるのは、周の文王、武王に仕えた太公望呂尚とされています。また、三国志において劉備が遺言で「よく読むように」と言った『六韜』も太公望の作とされていますから、三略六韜は並び称させることも多くあります。

 この『三略』にまつわる有名な伝承として、漢の始祖である劉邦の軍師であった張良に関するものがあります。張良は、秦の始皇帝に祖国韓を滅ぼされたことを怨み、始皇帝暗殺を企てます。この暗殺計画は実行に移されたのですが、奇しくも失敗となり、これに怒った始皇帝は、この実行犯を指名手配しました。

 張良は偽名を使って追手から身を隠したのですが、この身を隠しているときに、黄石公という隠者からこの『三略』と『六韜』を授けられたと言われています。

 このため、『三略』の著者、または編者は、この黄石公という隠者であるとする説もあります。

 

 

この本の読み方 

 

《本書の構成》 

 もともと、この『三略』は、上略、中略、下略の三つの編から構成されているため、『三略』であります。しかし、分量的には、上略:中略:下略で、ほぼ3:1:2となっており、分量には大変な偏りがあります。このため、読者様の便のため、私の方で、上略を三つに、下略を二つにそれぞれ分け、目次を使いやすくさせていただきました。

 また、本書は、《副題》・◆書き下し文◆・◆現代語訳◆・◆解説◆から構成されております。

 内容に応じて、私の方で章分けをし、その章の内容を一言でまとめた《副題》を付けました。今回は、『三略』の奥深い雰囲気に沿うように、副題は全て、日本人が直感的に分かりやすい、2字または4字の漢字にしました。また、書き下し文と現代語訳を対応して読めるように、つとめて一つの章が短くなるよう章分けをしました。

 

『三略:兵法 武経七書』の紹介 - 平田 圭吾のページ

 

翻訳本 三略 少しずつ紹介1 「はじめに」 - 平田 圭吾のページ

今はこの記事⇒翻訳本 三略 少しずつ紹介2 「三略とは」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 三略 少しずつ紹介3 「主将之法」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 三略 少しずつ紹介4 「剛柔強弱 その1」 - 平田 圭吾のページ 

翻訳本 三略 少しずつ紹介5 「天地流転」 - 平田 圭吾のページ

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。