読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

翻訳本 三略 少しずつ紹介5 「天地流転」

武経七書

 

《天地流転(るてん)》

 

◆書き下し文◆

端末(たんまつ)未(いま)だ見ずして、人は能(よ)く知る莫(な)し。天地は神明にして、物とともに推(お)し移り、変動に常無し。敵に因(よ)りて転化し、事先を為(な)さず、動き而(しか)して輒(すなわ)ち随(したが)う。

故(ゆえ)に能(よ)く無疆(むきょう)を図(はか)りて制し、天威を扶(たす)けて成し、八極を康(やす)んじ正し、九夷(きゅうい)を密に定む。此(か)くの如(ごと)き謀者、帝王の師と為す。

 

◆現代語訳◆

 末端の具体的な現象を見もしないで、人はよく知るということはできない。天地とは不可思議で人智の及ぶものではなく、(そうでありながら、目に見える)物を伴(ともな)って推し移っていき、その変動には常が無い。(ならば、)敵の動きを拠(よ)り所として次々と(戦場それ自体を)変化していき、(こうしてやろうと)先んじて事をなすのでなく、動いてからそれに従うようにする。

 このようにするからこそ、限りの無いものに線を引いて制し、天の威を助けてこれを成就(じょうじゅ)させ、八極を安んじて正し、九夷を密に定めることもできる。このような謀(はかりごと)をする者は、帝王の師である。

 

◆解説◆

 ここに、「事先を為さず」とあるが、これは「さかしらなことをするな」といった、いわゆる「老子くずれの不知のすすめ」ではない。

 そもそも、準備や用意もせず、うまくことを進めようというのは無理な話であり、あり得ないことである。ここで説かれているのは、準備や用意をしていても、それでも想定外のことは起き得る、ということである。

 八極とは、東西南北の四方と、その中間の四隅のこと。ただし、八と言えば、易経八卦(はっけ)であり、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉もあるように、森羅万象というような暗示もある。

 九夷は、畎夷・于夷・方夷・黄夷・白夷・赤夷・元夷・風夷・陽夷のこと。ただし、『孫子』にも、九地、九天などの編があるように、九は、音が急や窮に通ずることから、種々雑多の急な変化とか、窮まりのないものという意味合いがある。ここであると、夷は、野蛮な他民族のことであるから、どこから起こるか分からない粗野なこと、程度の意味になる。

 

公開分はここまでです。

続きはご購入のうえ、お楽しみください。

三略: 兵法 武経七書 Kindle版

三略: 兵法 武経七書 Google Play版

 

翻訳本 三略 少しずつ紹介1 「はじめに」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 三略 少しずつ紹介2 「三略とは」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 三略 少しずつ紹介3 「主将之法」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 三略 中身を少しずつ紹介4 「剛柔強弱 その1」 - 平田 圭吾のページ 

今はこの記事⇒翻訳本 三略 少しずつ紹介5 「天地流転」 - 平田 圭吾のページ

  

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。