読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

『曹操詩集』 却東西門行(風景)書き下し文

曹操詩集

太字が書き下し文の違う所となっております。

このページを印刷し、自分なりの解釈を書き込んで読み比べるなどして楽しんでください。

電子書籍として販売中の曹操詩集の補助用記事です。こちらから曹操詩集をご購入の上、補助としてお楽しみください。 

 

 

東西門に却(かえ)るの行

 

 

鴻雁(こうがん)は塞(とりで)の北に出(い)、乃(すなわ)ち無人の郷(さと)に在り

 

翅(はね)を挙げること萬余里(まんより)、行きて止(とど)まり自ずから成りて行く。

 

冬節には南稲(なんとう)を食い、春日には復(ま)た北に翔(と)ぶ。

 

田の中に有る転びたる蓬(よもぎ)風に隨(したが)いて遠く飄揚(ひょうよう)す。

 

長くする故根と絶(わか)れ、万歳に相い当たらず。

 

奈何(いかん)せん此(こ)の征(ゆ)く夫(おとこ)、安く四方を去ることを得る。

 

戎馬(じゅうば)は鞍(くら)を解かず、鎧甲(よろい)は傍(かたわ)らを離れず。

 

冉冉(ぜんぜん)として老は将(まさ)に至らんとするに、何れの時にか故郷に反らん。

 

神龍は深泉に蔵(かく)れ、猛獣は高岡を歩む。

 

狐(きつね)は死帰(しき)するに丘に首(むか)う、故郷安(いず)んぞ忘るべし。

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。