平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

漢籍の読み方 6.漢和辞典を使おう「董卓戻礼」

漢籍には現代とは違った意味で使われていた漢字があります。また、当然ですが、現在では使われていない漢字も使われています。

書き下し文で、意味の分からない文章や、意味の分からない言葉が出てきた時は、漢和辞典を使いましょう。間違っても国語辞典を使ってはなりません。

 

6.漢和辞典を使おう 

 そのいい例を次の白文で説明します。

 

董卓戻礼」

 

6-1.「董卓戻礼」は漢文で読むと意味は間違っていない

このような白文があった場合、多くの人は(ー_ー;)?となることでしょう。というのも、三国志で洛陽を焼き払った董卓は悪人のまま死んだわけで、董卓は礼に戻る」と、董卓が礼儀正しい人間になったということは考えにくいからです。
そこで、「戻る」を国語辞典で調べてみますと、確かに、「もといた場所に帰ること」といった意味が書かれています。普通に考えればこうなのです。
しかし、実は漢文の世界では、この「董卓戻礼」という言葉も、とても納得できるものなのです。

 

6-2.漢和辞典だと「戻」の意味が違う

 というのも、「戻」は、「もとる」と読んで、「道理に反すること」という意味で使われていたからです。ですから、この白文を翻訳しますと、董卓は礼に反していた」となり、何も不自然な文章ではないのです。


このように、今の日本語と当時の漢字の意味では、違った意味を持ったものがあります。だから、漢文を読むときは、漢和辞典を使わなければなりません。

 

とはいえ、親切な翻訳本ですと、細かく註釈がありますから、これを頼りにするのが良いでしょう。もちろん、現代語訳と対照しながら読むのも、良い方法です。

 

漢籍の読み方 1.書き下し文とは何か? - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 2.なぜ書き下し文があるのか - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 3.書き下し文は読まなくていいの? - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 4.書き下し文を読むのは脳トレ - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 5.でも書き下し文が読めない・・・ - 平田 圭吾のページ

今はこの記事⇒漢籍の読み方 6.漢和辞典を使おう「董卓戻礼」 - 平田 圭吾のページ

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。