平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

翻訳本 六韜 少しずつ紹介2「六韜とは」

 

六韜の著者

 

 この『六韜』の作者とされるのは、周の文王、武王に仕えた太公望呂尚とされています。また、「柔能く剛を制す」で有名な『三略』も太公望の作とされていますから、三略六韜は並び称されることも多くあります。

 漢の始祖である劉邦の軍師であった張良が、黄石公という隠者からこの『六韜』と『三略』を授けられたという伝承もあるため、著者、または編者は、この黄石公という隠者であるとする説もあります。

 

六韜の構成

 

 この『六韜』は、文韜・武韜・龍韜・虎韜・豹韜・犬韜の六つの編から構成されているため、『六韜』であります。「韜」は、辞書を引きますと、「弓や剣を入れておく袋・つつむ・つつんでしまいこむ」とあります。兵法書であることから、書かれていることを武器に見立て、これを六つの袋にしまいこんだから、六韜ということでしょう。

 書き方としては、文王または武王の質問から始まり、これに太公望が答える対話式となっています。また、ひとつの「韜」の中には、五~十三の章があり、章ごとにまとまりのあるひとつのことが書かれています。もともと章ごとに、漢字二文字~四文字の章題があるのですが、これだけでは内容がよくわからないため、私のほうで章ごとにサブタイトルを考え、これを目次に反映しました。すべての章が、◆書き下し文◆・◆現代語訳◆・◆解説◆から構成されております。

 

※一章が長いことから、このブログでは、六韜の章ごとの内容を簡単にまとめた文と、またそこに出てくる抜粋文を紹介させていただきます。

 

このブログ記事の目次と『六韜』全文(販売のみ)はこちら

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。