読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

西郷隆盛『遺訓 現代語訳』より、「遺訓の由来」

電子書籍として発売中の『遺訓 現代語訳』の途中に挿入されている本文の由来を説明する文章です。

『遺訓 現代語訳』には、ここで紹介する、遺訓43章(本編41章・追加2章)、及び問答14章(問4章・答7章・補遺3章)と、さらに付録として、途中で西郷が研究するようにとして紹介している「伯夷頌」を収録しています。

内容の気になる方は是非ともご購入ください。

f:id:hiratakeigo:20170218140915p:plain

 

遺訓の由来

 この『遺訓』は、明治三年ころ、数十人の有志が、西郷のもとで教えを請うた際の記録である。ゆえに、西郷が直接書いたものでなく、この時に話を聞いていた人が、それぞれの聞いた話を持ち寄り、有志の間で共有したものということになる。このために、本文には、「とぞなり」など伝聞を示す記述があるし、全てを西郷の発言として読んでいると、意味を見失う場合がある。
 このように有志の間で大事にされていた『遺訓』であるが、その後、三矢藤太郎により、明治二十三年に初めて『西郷翁遺訓』として印刷された。また、明治二十九年に、片淵琢が『西郷南洲先生遺訓』として、これを東京で印刷し、その後広く読まれるようになったとされている。

 

問答の由来

 これ以後の『問答』には、ここまでの『遺訓』とは違う経緯がある。もと、西郷の妹婿(むこ)の姉の子である岸良眞二郎が、ここにある「問一~問四」を西郷に質(ただ)したことがきっかけとなり、西郷自身が筆を執り、「答一~答七」の部分を書いたとされている。
 その後、西郷の叔父(おじ)に当たる椎原與右衛門國幹が、これを求めたため、西郷はもう一度筆を執り、これを叔父のもとへ送ったとのことである。このような経緯のあるこの『問答』は、初版である三矢本には収録されている。最後にある『補遺』は、訓読すると「遺(のこ)すを補う」であり、一度答えを送った後で、誤解を恐れた西郷が、さらに付け足して答えたものではないかと思われる。
 また、もとの編集では、問一~問四が全て書かれた後に、答一~答七が載せられている。しかし、この編集方法であると少し分かりにくいため、問に対応する答えが横並びとなるよう編集し直した。

 

ご購入はこちらから

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。