読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

西郷隆盛『遺訓 現代語訳』より「はじめに」

西郷隆盛

 西郷隆盛がどのような人物なのか、ということについて、敢えて紹介する必要はないでしょう。日本人ならば、誰でも知っている人です。そこで、恐縮ではありますが、私の『遺訓』への思いを述べることで、はじめにとさせていただきます。

f:id:hiratakeigo:20170218140915p:plain

 

『遺訓』との出会い

 私がこの『遺訓』と出会ったのは、まさに偶然でした。電子書籍ソフトにて、無料タイトルで面白いのがないかなぁと漁っているとき、たまたまこの『遺訓』の青空文庫版が表示されたのです。西郷隆盛はどのような人物であったのだろうと、これをダウンロードしてみました。

青空文庫の無料版はこれですが、旧漢字や漢文の返り点表記のオンパレードで、古書に慣れている方でないと読めません。気になるけど旧漢字に自信ないという方は、記事最後のリンクより現代語訳をお買い求めください)

 

儒学の到達点としての西郷

 内容を読み進めるに従い、私の心は満足で満たされました。というのも、私にそのような評価をすることが許されるのならば、西郷隆盛は、論語ほか、四書五経に代表される儒学思想を体現した人、ある意味では、儒学という学問の到達点と言って差し支えないと思えたからです。このような感動を覚えたのは、渋沢栄一の『論語と算盤』を読んで以来のことでした。そう遠くない過去に、しかも日本に、このような人物がいたということを知り、それだけでこの上ないほど深い満足感を得ることができたのです。

 

遺訓の翻訳に当たって

 ほどなくして、NHKの大河ドラマにて、西郷隆盛が扱われることを知り、この機会に、是非とも多くの方に西郷隆盛の良さを知ってもらいたいと、この翻訳をすることを決めました。私のような不徳の者では、西郷の足元にも及ばないかもしれません。しかし、儒学的な観点から、この『遺訓』を読み解く書物は、今のところ少ないようで、己の浅学を顧みず、関係が深い記述には、『論語』『大学』『中庸』を引用しながら、内容をさらに詳しく説明することを主眼に、解説を加えることとしました。
 また、論語などにあまり親しんでいない方にも、西郷の良さ、引いては論語などの良さを分かっていただくため、できるだけ、平易な言葉を選んで現代語訳をし、卑近な例えを用いるようにしました。このようなわけで、主眼は、あくまでも論語などの儒学思想と西郷の関わりにあります。歴史的な観点、伝記に書かれるような時代背景に関する解説はないため、この点についてはご了承いただければと思います。

 

お買上げはこちらから

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。