読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

西郷隆盛『遺訓 現代語訳』より、「五、子孫のために美田を買わず」

電子書籍として発売中の『遺訓 現代語訳』のサンプル文です。

気に入っていただけた方は、是非ともご購入ください。

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

五、子孫のために美田を買わず

或(あ)る時「幾歴辛酸志始堅。丈夫玉碎愧甎全。一家遺事人知否。不為児孫買美田。(幾(いく)たびか辛酸(しんさん)を歴(へ)て志(こころざし)始めて堅し。丈夫は玉砕し甎全(せんぜん)を愧(は)づ。一家の遺事(いじ)人知るや否(いな)や。児孫の為(ため)に美田を買わず。)」との七絶を示されて、若(も)し此(こ)の言に違(たが)いなば、西郷は言行反したるとて見限られよと申されける。

f:id:hiratakeigo:20170218140915p:plain

 

 

◆現代語訳◆

 ある時、「何度も辛酸を舐(な)めてこそ志は初めて堅く、丈夫たる者は玉砕してただ生き長らえることを恥じる。一家のやり残した事を人は知るかどうか、子孫のために良い田を買うことはない」との七言絶句を示されて、もしこの言葉に違うようなことがあるならば、西郷は言っていることとやっていることが違うとして、もうこれまでと見限られよ、と申された。

 

◆解説◆

 この部分については、論語を引用して解説する必要があろう。『論語・季氏第十六』には、君子の三戒というものがあるが、このうちの一つに、「其(そ)の老ゆるに及びては、血気既に衰(おとろ)う。之(これ)を戒(いまし)むること得るに有り」とある。人は老いれば、血気、つまり肉体が衰え、財産に囲まれることで安逸を求め、さらにこの財産を子孫に与えることで、次には心の安逸を求めるようになる。このような安逸を求める気持ちを戒めよ、と言うのである。


 しかし、これは人情であり、何も責められるべきことではない。むしろ、財産を求めてそれを子孫に残そうとは、当たり前の考えである。しかし、この人情に流されてしまえば、財産獲得という一事に心が覆われ兼ねない。心が覆われれば、財産獲得のためになりふり構わずなんでもしてしまうであろう。だからこそ、この七言絶句のように強い気持ちを持つ必要があるのだ。

 

ご購入はこちらから

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。