読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

西郷隆盛『遺訓 現代語訳』より、「二九、道を行う者 その二」

電子書籍として発売中の『遺訓 現代語訳』のサンプル文です。

気に入っていただけた方は、是非ともご購入ください。

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

二九、道を行う者 その二

道を行う者は、固(もと)より困厄(こんやく)に逢(あ)うものなれば、如何(いか)なる艱難(かんなん)の地に立つとも、事の成否身の死生抔(など)に、少しも関係せぬもの也。事には上手下手有り、物には出来る人出来ざる人有るより、自然心を動かす人も有れども、人は道を行うものゆえ、道を蹈(ふ)むには上手下手も無く、出来ざる人も無し。故(ゆえ)に只管(ひたすら)道を行い道を楽しみ、若(も)し艱難(かんなん)に逢(お)うて之(これ)を凌(しの)がんとならば、弥々(いよいよ)道を行い道を楽しむ可(べ)し。予壮年より艱難と云(い)ふ艱難に罹(かか)りしゆえ、今はどんな事に出会うとも、動揺(どうよう)は致すまじ、夫(そ)れだけは仕合(しあわ)せなり。

f:id:hiratakeigo:20170218140915p:plain

 

◆現代語訳◆

 道を行う者は、そもそも困窮や災難にあっているのであるから、どんな困難の地に立ったとしても、事の成否や身の死生になどといったことは、少しも関係ないはずである。事には上手と下手があり、物には出来る人と出来ない人があるから、自然と心を(道を行うことから)動かしてしまう者もいる。しかし、人は誰でも道を行うのであるから、道を踏むのに上手下手もなく、出来ない人もいない。だから、ただひたすらに道を行って道を楽しみ、もし困難に遭遇してこれを凌ぐこととなったら、いよいよ道を行って道を楽しむようにするのだ。私は、壮年から困難という困難に出会っているから、今はどんな事に出会っても、動揺することなどない。それだけは幸せなことだ。

 

◆解説◆

 前章を読んで道を行おうと思った方も、ここを読むと、やはりやめようかと思われるかもしれない。というのも、いきなり「道を行う者は、固より困厄に逢うものなれば」とあるからだ。
 この真意を知るには、『論語』を引かなければならない。『論語・泰伯第八』には、「曾子(そうし)曰く、士は以(も)て弘毅(こうき)ならざるべからず。任重くして道遠し。仁(じん)以て己の任と為す。亦(また)重からずや。死して後已(や)む。亦遠からずや」とある。凡人を脱して英雄、あるいは君子たるべき人物にならんとする者が、凡人と同じことをしていられるはずがない。必ずや凡人の背負っている荷物よりも、大きな荷物を背負って、長い道のりを生きることとなるだろう。そうでなければ、英雄や君子たるべき人物たり得ることはない。
 また、途中に、「道を蹈(ふ)むには上手下手も無く、出来ざる人も無し」とあるのは、「人も我も同一に愛し給(たま)う」天から命じられた「性」に率(したが)うことが「道」であるからである。天は皆に平等に接するのであるから、ここから導かれる「道」も同様に、誰にでも同じものなのである。

 

ご購入はこちらから

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。