読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

『ソーシャルメディア炎上事件簿』(日経BP社)を読んで

本の内容

題名通りの本だった。
内容としては、30件の「炎上事件」を固有名詞も出して紹介してある。また、炎上に関して、ある程度の分析も書かれている。
炎上についてまとめた本は意外と少なく、そういった意味では貴重で価値あるものと思う。

ただ、問題点として、日経「デジタル」マーケティング内だけで編集などが行われているせいか、SNSなどを「既に使っている人」しか内容が分からない点がある。
つまり、詳しい説明がないために、ネットを頻繁に使っている人しか、事件の内容をしっかりと把握できないのではないかと思われるのだ。今の時代、ほとんどの人がネットを利用しているとはいえ、せっかく本にまとめたのだから、ネットに疎い層にも分かるような丁寧な記述やネット用語の説明があれば、もう少しいい本になったと思う。減点ではないけど、ネットに疎い人にも一度読んでもらって、意見を聞いていたら良かったのにと思う。ちなみに、そこそこネットを利用している私でも、事件の経緯がイマイチ分からない部分があった。

 

炎上の舞台・ソーシャルメディアとは

次に、この本の題名にもなっている「ソーシャルメディア」とは、現在、主に「SNSソーシャルネットワークサービス」と言われているものである。
代表的なサービスとしては、ツイッターフェイスブックミクシィ・インスタグラムがある。SNSとは少し違うのかもしれないけど、ユーチューブや、ニコニコ動画、ブログなども、個人がネットに発言などを公開して、オープンに反応が得られるという点で広義のSNSということになるだろう。さらに、2ちゃんねるといった完全匿名の掲示板も、さらに広義のSNSなのかもしれない。
詳しくは流石にここでは説明できないので、それらのサービスを利用して体験していただければと思う。

 

炎上とは

また、炎上とは、これも定義が難しいのだけど、上に示したようなサービスで、ある同一の話題が、頻繁に、また同時多発的に、批判的な意見を添えて取り沙汰されること、ということになろうか。主にネット上で時の人、時の話題となるのだけど、悪いイメージがあまりにも強くつきすぎて、企業ならば売上が落ち込み、個人ならば身元バレして日常生活にも悪い支障が出るほどとなる。
最近だと、「おでんツンツン男」が炎上のいい例ではないかと思う。もちろん、この本を読むことでも、炎上がどういった現象か、ということはイヤというほど分かる。

 

炎上に関する対策など

こういったわけで、炎上すると基本的には損害のほうが大きくなるわけで、誰でも、自分の発言は炎上してほしくないと思うだろう。

 

炎上商法は下策

確かに、中には、炎上商法とかを狙う人もいる。というのも、話題がとにかく勝手に大きくなるから、タダで宣伝できるのだ。とはいえ、一度炎上すると、炎上をコントロールするのは不可能で、身元がバレるのも時間の問題である上に、主に悪いイメージが先行するのだから、基本的には得策ではない。炎上商法は、まさに、超ド級のハイリスクなのに、そこそこのハイリターンしかない賭けであると言える。ゼロどころかマイナスになる可能性もあるので、炎上商法は狙わないに越したことはない。

 

炎上しそうなことはしない

このように話を進めると、「どうしたら自分が炎上から逃れられるのか」と多くの方が思われるものと思う。
この本では主に、企業目線からこの対策について書かれているのだけど、まず一番重要なこととして、「炎上しそうな発言はしない」ということがある。そこで、炎上しそうな発言とは、1.口汚い言葉・不謹慎な言葉、2.イデオロギーに関する話題、3.上から目線な発言、4.犯罪自慢・犯罪者擁護、5.価値観の否定や押しつけ、6.なりすまし発言、7.隠蔽工作に関わること、などがある。

 

炎上は事故

とはいえ、この本に書かれた炎上事例を見ていても、正直なところ「炎上は事故」としか言いようがない部分がある。つまり、かなり慎重に車の運転をしていても、どんな偶発的なことが起きて事故にあってしまうか分からないように、また、地震がいつ来るか分からないように、「炎上」もネットを利用している以上は「いつあってもおかしくない」のである。

 

問題発言の削除と速やかな謝罪

「じゃあどうすればいいの」ということになるが、万が一、この炎上という事故にあってしまった場合は、すぐに「炎上の原因となった発言や動画を削除すること」である。そうすれば、それ以上話題が大きくなることを多少食い止めることができる。個人の場合は、この対応だけである程度の鎮火が期待できる。
企業の場合は、さらに、ここですぐに「謝罪しなければならない」。また、この時の注意事項として、「謝罪と言い訳をセットにしないこと」が重要である。言い訳したい気持ちはあるだろうが、とりあえずは、反省して問題に向き合っていることだけをアピールしなければならない。ここで言い訳をすると、余計に炎上することとなる。

炎上の事例をいくつか見て、炎上の怖さや、炎上がどういったものかということがよくわかった。
けれど、実は、この本が2011年出版で、目まぐるしく状況が変わる現在のネット環境において、既に古い情報の部類に入る。ということで、2015年に出版された「ネット炎上対策の教科書」(リンククッリクでその記事へ)というのも借りてあるので、続いてこれも読んでみようと思う。

 

hiratakeigo.hatenablog.com

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。