平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

『小さな会社を強くする ブランドづくりの教科書』(日本経済新聞出版社)を読んで

いわゆるマーケティングの本、こういった本は初めて読んだのだけど、面白かった。
記述も簡素平明で、章分けも一章当たり10分以内に読めるようになっており、大変に読みやすい設計となっている。
「いいものを作っているのに売れない」という悩みのある経営者や、「商品はいいのだけど売れない」という悩みのある営業の方は、読むとかなり役に立つ、まさに教科書にできる本と思う。
あるいは、このどちらにも該当しない一般的な消費者でも、「いかにブランド力で(高いものを)買わされているか」という視点から読むと、面白いと思う。

ブランドとは何か?

まず、ブランドとは、そもそも何だろうか。そのように考えた時、ブランドとブランドでないものの違いは、恐らくこの三つの違いに集約されるだろう。
つまり、「富士山と北岳」の違いであり、「スターバックスとイル・ジョルナーレ」の違いであり、「北海道・沖縄と佐賀・群馬」の違いである。

 

ブランドはナンバーワン

富士山は日本一高い山で誰でも知っている。しかし、北岳は日本で二番目に高い山であるにも関わらず、知っている人は少ない。観光客の量の違いは言うまでもない。

 

ブランドは覚えやすく言いやすい

イル・ジョルナーレは、実はスターバックスの昔の名前である。しかし、誰も知らないし、噂にする人もいない。なぜなら、あまりにも覚えにくい名前だからである。

 

ブランドにはイメージがある

北海道物産展は、開くたびに客が集まり、桁違いの経済効果をもたらすが、佐賀物産展などというものは聞いたことすら無い。万が一開かれたとしても、客は集まらないだろう。
また、沖縄への旅行は、海外旅行よりも高い場合が多いが、それでも行きたいという人は後を絶たない。しかし、群馬への旅行が海外旅行より高かったら、誰も行かないだろう。
なぜこのようなことが起こるのかと言えば、北海道には「おいしい」というイメージが、沖縄には「南国リゾート」というイメージがそれぞれ内包されているからである。

 

まとめ

ブランドとは、この三つの違いをうまく演出したものに他ならない。だから、この三つの違いを意識してマーケティング戦略を立てれば、ある程度売れることを期待できるわけである。
この本では、こういった非常に分かりやすい例えを用い、うまく、また的確に「ブランドづくり」を説明している。もちろん、どうやってこの三つの違いを際立たせ、ブランドをつくっていくのかということも、微に入り細に入り説明されている。
冒頭にも述べたような悩みのある方は、すぐに読むことをオススメする。

 

アマゾンでこの教科書を手に入れてブランド・マーケティングをすぐに開始する

 

hiratakeigo.hatenablog.com

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。