平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

『IMF(国際通貨基金) - 使命と誤算』 (中公新書) を読んで

陰謀論、特にユダヤが絡むとよく目にする悪の巨大組織、その名も「IMF」。
アメリカのCIA、ロシアのKGBに次ぐ陰謀の府であるという噂は絶えない……(笑)
まあ、正直なところ、私は面白い(笑)話としてか、そういった陰謀論を聞くことはできないのだけど、「火のない所に煙は立たない」とも言うし、実際にはどうなのかということで読んでみた。

この本自体は、かなり難しい部類に入ると思う。というのも、投資や投機関係の横文字や英字がたくさんあるからだ。難しいというよりは不親切と言ったほうが適切かもしれない。一般読者向けとは言えないが、ネットで語句検索したり、前のページに戻ることを繰り返せば、読めないことはないと思う。
しかし、金融の常識が変わるのはかなり早く、8年前のこの本では既に古い情報も多くあるだろうから、そういった意味ではおすすめできない。とはいうものの、2009年までのIMFの歴史は、批判的にではあるが、うまくまとめられている。直近の情報がどうしても知りたいということでないならば、この本を読むといいと思う。

IMFの基本情報

また、最近は、世界的に景気が堅調であることもあり、めっきりIMFの名をニュースで目にすることもなくなった。なぜなら、この本にも書かれているが、IMFは国家破綻を防ぐための最終貸出機関という位置づけであるからだ。だから、IMFが活躍するのは、残念だが、深刻な経済危機が起こっている時である。


正式名称は、International Monetary Fund、ということで国際通貨基金
設立は、アメリカ主導で第二次大戦直後に行われており、この影響と出資比率の関係もあって、アメリカに単独拒否権がある。この当時の出資比率の二位は日本。
構成員は、出資比率に応じて各国からエコノミストが参加しているということらしいが、詳しい職員の構成については書かれていなかったので、正確な所はよくわからない。

 

IMFが怪しまれるのはなぜか

ここから、IMFが怪しまれる原因に絞って話を進めようと思う。また、ここから下は、この本から直接読み取れることでなく、私が読み取って導き出した一種の答えである。

 

IMFは第二次大戦の教訓を理念としている

それでまず、上の概略でも分かるように、そもそもIMFは、第二次大戦の教訓を活かすことを目的として設立された。
このため、IMFは、「ブロック経済保護貿易)」と「積極財政」に少なからぬ反感を持っている。なぜなら、第二次大戦に突入した主な経済的理由は、イギリスやフランスが植民地と行ったブロック経済、またドイツが際限なしの国債発行で行った積極財政にあったからだ。
だからこそ、IMFは、その設立使命として、自由経済と消極財政(緊縮政策)を推進しようとする。しかし、この姿勢は、現在の経済情勢に合っておらず、アジア通貨危機IMFが出てきた際にも、また、ラテンアメリカIMFが出たときにも、ソ連が崩壊してIMFがしゃしゃり出たときにも、はっきり言って裏目に出てしまった。

 

IMF融資に至る典型的なパターン

しかも、その途上国に資金を融資する定式パターンが、
1.自由経済推し進めるために、固定相場で規制緩和を推進
2.規制緩和するということは、外国からの資金が途上国に流入する
3.過剰な資金が流入すれば、その国の経済は過熱(バブル)化する
4.過熱(バブル)化でその国の通貨が実質安(お金の価値が下がる、体感で言うと、日本でもバブルの時は二束三文の土地が数億円とかで取引された)となっていく(マクロ的に見ても通貨が増えれば通貨の価値は下がる)
5.通貨が実質安となると、損切りのために、ここぞとばかりの資金の急激な引き上げが起こる
6.急激な資金の引き上げで、固定相場の為替維持が困難になり為替自由化
7.その国では資金の引き上げで資本が枯渇する上に、急激な為替安で輸入品が割高になる
8.モノが全般的に高くなって(急激なインフレとなって)、経済が低迷する上に、外貨準備高も無くなる
9.IMFが外貨を貸し出し、通貨安の歯止めをかけようとする
10.しかしIMFは、貸出の担保として緊縮財政(消極財政)を押し付ける
11.その国では資金が枯渇して景気が悪いのに、緊縮財政でさらに資金が市場に出回らなくなり、当然のように景気はさらに悪化する
12.それでもIMFは節約やリストラなどコストカット、また資産売却を押し迫り、猛烈な取り立てをする
という感じなのだ。

 

IMFの正体

良心的に見れば、さきほどから言っているように、自由経済・緊縮財政という第二次大戦の教訓を最大限活かしているのである。
しかし、これを実質面だけで見ると、先進国の余剰資金を途上国に投入して、この余剰資金を株ころがしで増やし、さんざん株ころがしでうまい汁だけ吸っておいてから、いざ返せないとなったら、猛烈な取り立てを行っているということになる。どうしようもないクズだ。

理念は「第二次大戦の教訓」であるが、実際には「ハゲタカ資本主義」、これがIMFの正体と言える。だから、この実際のほうを見て、多くの人はIMFを悪の組織と言うのだろう。しかし、上にも述べてきたように、組織的に悪いことをしようとして悪いことをしているわけではない。理念を優先して組織の方針や体質を変えないから、悪い結果が出てしまうのだ。

 

ユダヤ人とは関係ない

もちろん、単独拒否権を持つアメリカの意向も、悪い方向に事を動かすだろうし、基本的に、株ころがしをする人間にロクな人はいない。自分さえ儲かればいい人は、想像力がないから、自分だけが儲かれば他の人が生活苦になろうがおかまい無しなのだ。こういった人間が、アメリカを通じて、IMFに影響力を及ぼしている可能性はあろうだろう。また、こういった人間が全てユダヤ人だと決めつけるのが陰謀論だろうと思う。しかし、これは日本人でも、ドイツ人でも、中国人でも、どの国の人でも同じである。多くの金を持った人は、その金を失うことを一番恐れ、それがたとえ余剰金であったとしても、一文たりとも損をしないようにすることしか考えないのだ。

 

人間がそもそも悪だからIMFも悪となる

結局、IMFが悪の組織であるかもしれないことは否定はできないが、それは人間がそもそも悪であること、特にカネのことが絡むと極悪となることが原因なのである。また、経済に詳しい人というのも、基本的にはカネが好きな人が多い。自分は人々のために経済を勉強しているんだという奇特な人も多いだろうが、いざ自分の財産がどうにかなるということになれば、すぐその理念とは反対の行動をするだろう。「自分のカネは正義のカネだから一文たりとも損しないが、おまえらの悪のカネは困っている人に施さなければならない」と。

このような意味で、IMFという、どこの国家にも帰属しない宙ぶらりんな立ち位置にある「巨額のカネの集まる場所」に、「カネのためならなんでもする人物が集まる」ことは自然の理というものだ。個人的には、会社経営者にしろ、銀行頭取にせよ、IMF関係者にしろ、もちろん政治家もだが、責任を持たせるために厳罰が必要と思う。誰も罰を与えないから、自分のことしか考えないし、結局自分第一で考える。

 

IMFについて知るためにこの本をアマゾンで入手する

 

hiratakeigo.hatenablog.com

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。