平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

『儲かる色の選び方 売れる色を見極めるマーケティング』 (デザインビジネス選書)  を読んで

いわゆるカラーマーケティングや、カラーデザインの本。
いろいろな商品の色使いについて言及があるが、この著者の方は、携帯電話、家電、自動車などの製造に深く携わってきたようで、そういった製品に関する色使いについて、造詣が深いように思われた。

初級から熟練者まで役立つ教科書的な良著

基本的に製品を使うだけのわれわれ側からすると、手に取ることはない本であるけど、読んでみると非常に面白い。製品の色を決めるのに、こんなにいろいろ考えてるんだということがよく分かる。もちろん、そういったことに既に携わっている人でも、参考になる部分は多いだろう。同じことを扱った他の本は読んだことはないが、要点がうまく、また分かりやすくまとめられているので、入門者から熟練者の基本確認でも使える教科書的な良著といえる。

 

デザインはセンスの世界ではない

この本を読んだことで、車の色とか、何気なく使っている製品の色とかに興味を持つようになった。また、「デザインはセンスの世界」というのが単なる思い込みであるということもよく分かった。
というのも、金儲けは浅ましい行為がつきまといがちであるが、これと同時に「失敗できない」「何とか儲けたい」という理由で、モチベーションも上がりやすく、かなり効率よく不確実なものや無駄を排除していくからだ。これはつまり、当然に「センスや感性」という不確実かつ無駄を生みやすいものを排除する方向に人を動かしていく。しかし、色はどうしても感性やセンスの問題である。だから、「理論で設計して(売れそうなものウケそうなものに絞り込んで)、最終的に感性やセンスで判断するのがデザイン」という結果に行き着くのだ。この本は、この過程ややり方について要点を抑えた上で分かりやすく書かれている。

 

色は感情や願望だけで選ばれる

また、色というのは、「感情や願望だけで選ばれるもの」ということで、これも考えたことはなかったが、言われてみてそうだなぁと思った。また、これがわかったことで、前から一個不思議に思っていたことの謎も解けた。

 

アニメキャラの髪の毛の色はどうしてあり得ない色なのか

その謎というのは「女の子アニメキャラ」の髪の毛の色についてである。女の子アニメキャラの髪の毛の色は、とにかく現実ではありえない色、紫とか緑、あとピンクが並ぶ。もっと極端に言えば、アニメファンには怒られるかもしれないが、興味のない私からすると、女の子アニメキャラの違いは、髪の毛の色も含めた髪型だけのようにしか見えない。だから、女の子アニメキャラの髪の毛の色を変えるのは、「キャラを見分けるため、キャラの違いを分かるようにするため」だと思っていた。
しかし、この本によると、色はその人の願望や感情によって選び取られるということで、まさにそういった理由で、髪の毛の色を現実ではあり得ない色からも選んでいるのだと分かった。多分、色が人に与える印象もよく考慮した上で、キャラの性格も決まっているのだろう。

 

この本を読んで売れる色を見極めたマーケティングをする

 

hiratakeigo.hatenablog.com

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。