平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

あけましておめでとうございます「謹歩結一」

f:id:hiratakeigo:20180101151018j:plain

 

あけましておめでとうございます。

 

今年の抱負は、「謹歩結一」としました。

「謹(つつしみ)み歩んで一に結ぶ」です。

 

出典は、『荀子』の勧学第一と修身第二です。

 

まず、修身第二には、「蹞歩(きほ)して止まざれば跛鼈(はべつ)も千里」とあります。

訳は、「半歩に及ばない稚拙な歩みでも、歩みさえ止めなければ、亀ですら千里の遠きに至る」となります。

自分の未熟を知り、また人の身の限度を知り、そうであっても歩みを止めない、またそうすることで、聖人君子という仁の頂きにも至る、これが、前後の文脈も含めた意味となります。

ここから、「蹞歩」を取ったのですが、「蹞」は常用漢字でないので、これを意味の近い「僅(わずか)」とし、さらに、音の通じる「謹(慎重に、大事に)」に変えました。

ですので、「謹(つつし)み歩む」の裏の意味として、「僅(わず)かに歩むも」という意味も兼ね備えております。

これが、前半の「謹歩」です。

 

次に、「結一」ですが、これは勧学第一の「君子は一に結ぶなり(君子に無駄な歩みはなく、全てを一、つまり自身の理想につなげるのだ)」から取りました。

これは、今年が平成という元号の実質的な最後の一年になるためです。

また、人の世の世代交代は、三十年サイクルとされており、この三十年サイクルを一世と言います。

今年、平成三十年は、一世代の終わりという意味でも、まさに「結一」に相応しい年と言えるでしょう。

 

私は昭和生まれですので、平成を三十年間生きたという意味でも、「謹歩結一」と言える一年にしたいと思っております。

 

本年もよろしくお願いします^^

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。