読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

『フロイト入門』(筑摩選書)を読んで

フロイトを知りたい人には良著

けっこう分厚い本で、いかにも大学の教科書という感じの本だった。

内容としては、フロイトの論文や理論が時間と順を追ってまとめられており、まさに「フロイト入門」という題名に相応しいものだった。翻訳者の方の、フロイトが読んでいたと思われる参考文献への理解も伺えて、フロイトを知りたい人にとっては良著だと思う。

フロイトの主張は変化している

フロイトも、83才と長いこと生きていること、また、生きた時代が、まさに近代の科学が確立されつつある時期であること、さらに第一次世界大戦ナチスヒトラーの時代という激変期を生きており、こういった意味で、非常に理論が変わっていっているように思った。

だから、一概に「フロイトが~~~と言っている」と、何かを決めつけるような物言いは、ほとんど不適切であろうと思う。フロイト自身の持論がどんどん変わっているのに、フロイト自身が後に覆した理論までも正論とするのはやはりおかしい。
また、これに関連して、フロイトは、自分自身の理論を全体から俯瞰して統合し、調整するような著書は残していないようで、いたるところに理論の矛盾があるように感じた。こういった意味でも、フロイトの理論は基本的には「未完」で、フロイトの「権威だけ」を借りた理論が現在かなり横行しているのではないかと思う。

 

フロイトの功績

私としては、フロイトの功績は、あくまでも「精神分析」という分野を確立したことであって、彼の理論が全てにおいて納得できるものとは思えなかった。

晩年までフロイトが固持した理論としては、「エディプスコンプレックス」が挙げられるであろうが、これもいろいろな所に理論的破綻があるように思われる。また、そもそも、この理論自体がフロイト自身の生い立ちとの関係が深すぎて、こういった意味でも一般化できる理論ではないように思った。

 

精神分析はオカルト

このような弊害が起こるのは、人間の精神、または人間の精神分析の分野がどうしても「オカルト」の域を越えないことにあると思う。
というのも、人間の精神は、電磁波のように数値化もできないし、万有引力の法則のように数式化もできないし、物理現象のように実験によって反復することもできないからである。だから、どうしても、想像の域を越えることができない。こういった意味で、隠されたもの、つまり「オカルト」の域をどうしても出ることができない。精神分析も、所詮は見えないことを見えないなりに、秩序付けて理論に当てはめようとするだけのものなのだ。

 

無意識の発見はフロイトの功績

ただ、フロイトが挑戦したこの分野は、人類にとって意味のある分野であるし、これによって助かった人も多くいると思うから、その点では非常に評価できると思う。

また、この本の冒頭には「神が死んで人間の理性が神に成り代わったのであるが、フロイトの研究によって、この理性が『無意識』に支配されているものだったと明らかにされた」とあるが、確かにそうなのかもしれない。
われわれ現代人は、少なからず「自分は無意識という自分自身でも制御できないものに支配されている」という共通認識を持っていると思うが、この共通認識をわれわれが持っているのは、まさにフロイトの研究の成果なのかもしれない。

 

フロイト入門 (筑摩選書)を入手してフロイトに詳しくなる

 

 

『他人を攻撃せずにはいられない人』(PHP新書)を読んで

25万部の大ヒットとその影響

かなり売れた本みたいだったので読んでみた。

恐らく、この本で「正義を盾にして人を責める人」が明らかにされたことにより、「モラルハラスメント」が世間で認知されたのではないかと思う。

モラルハラスメントについて詳しく知りたい方や、タイトルのような人のおかげで迷惑を被っている方は読む価値がある。

古典的なことではある

ただ、こういったやり方、つまり、相手の罪悪感を掻き立てることにより利益を得たり、相手を破壊するやり方は「暴力団」の常套手段でも有り、知っている人は知っている、けっこう古典的なやり方である。

というか、むしろ人間というのは昔から変わっておらず、『論語』でもこのやり方が批判されている。

論語・陽貨第十七より 「郷原は徳の賊なり」(地元の名士と言われる人は、いかにも廉潔の士であることを装っているのであるが、ことあるごとに余計なことに首を突っ込み、その真意としては自分の影響力と利得を増そうとしているだけであり、これは徳を盾にして人を傷つけ、徳それ自体を傷つけてしまう者である。というのも、こういった人がいるために、本当に徳のある人が逆に疑われることとなってしまうからだ」(要は9割方の地方議員など政治家のこと)

 

困ったやつは改心しない

また、この本にも、こういった人に関わってしまった場合の対処法がいくらか書かれているが、「こういった人間は絶対に変わらないから、悔い改めるかもしれないという期待を持たないことが重要」とはっきり書かれている。これは実にその通りで、この点は実に評価できる。仏典のアングリマーラの話や、少し違うがパウロの改心などは、文字通り奇跡で、現実にはほぼ起こり得ないようなミラクルファンタジーなのだ。

 

困ったやつの見分け方

しかし、こういった人の見分け方については、少し重要な点が書かれていない。

というのも、こういった人は「ちょっとした過失でも絶対に謝らない」のである。ちょっとした過失でも謝らないというのは、例えば振り向きざまにひじが当たってしまったり、何らかの理由で待ち合わせに遅れた場合、普通なら、すぐに「あ、ごめん」という言葉が出るのだが、絶対に言わない。

あと、皆の前で「自分は負けず嫌いである」と公言する。遠回しに「オレは常に一番になりたいから遠慮しろよ」と、まさに遠慮せずに言っているということである。

最後、もう一個、「自分が不利な立場になると、何を言われてもとにかく黙りこくる(くせに、調子のいいときは自慢話や恩着せがましい話ばかりする)」という特徴もある。黙っていれば謝らなくて済むし、自分に非があっても最低でも引き分けで自分は負けないからだ。

この三つ、あるいは一つでも当てはまったら、かなりタチの悪い人間である可能性が非常に高いので、絶対に関わらないことをオススメする。

 

意識せずにやっている人も大半

また、こういったこと(モラハラ)は、意識せずにやっている人も多く、この本を読んだのに、一度も「自分も過加害者かも知れない」とさえ思わない人や、あるいは、この本を読んで喜んでいる程度の人は、自分も加害者であることをよく理解したほうがいいだろうと思う。

こういった破壊衝動に伴ったストレス発散や八つ当たりは、誰もが少なからずやっていることであり、私が善良な人に間違いないと判断する場合でも、かなりやっている人は多い。

この本の著者だって、こうやって「モラハラ野郎を暴くこと」によって、モラハラしているに過ぎない一面もある。とはいえ、これは難しいところで、この本を読んで、「モラハラ野郎」からの被害に気づく人もいるだろうし、そういった人間を批判しなければ、そういった人間がのさばることになってしまう。この判断は実に難しい。

 

モラハラ野郎を暴くことは慎重に

また『論語』に戻ると、「子曰く、詐りを逆(むか)えず、不信を億(おもんぱから)ず、抑(そもそも)亦(また)先に覚る者は是れ賢か」(これは詐術ではないかと疑ってかかることなく、相手が本心とは別のことを言ったりやったりしているのかと憶測することなく、その人の真意が自分の利益と相手の破壊なのか、あるいは純粋に相手や皆の利益のみを考えているのかを知ることができるならば、これは賢者である)とあり、これは賢者のみが正しく判断できる非常に難しいことなのだ。この「非常に難しい」ということは、自分のためにも、実に弁えるべきことと思う。

 

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)を入手して困ったアイツへの対策を立てる

 

『多数決を疑う――社会的選択理論とは何か』 (岩波新書)を読んで

多数決は正しいのか?

多数決という採決システムが果たして民意を反映するものなのか?

この問を中心にして話が進んでいく。

 

多数決の脆弱性

多数決の欠陥が大きく現れる事例は、一言で言えば、分裂選挙だ。前々回の都知事選では、舛添氏、細川氏、宇都宮氏が、並び立ち、「反原発」という焦点においては、舛添氏は負けていた。しかし、細川氏と宇都宮氏の両氏が「反原発票」を分裂させ、このことによって反原発分裂選挙となり、結局、舛添氏が都知事になった。

今思えば、細川氏を小泉氏が応援したのは、票を割らせるためだったと考えると、いかにも自民党のやり方らしいとも言える。若干余談は入ったが、多数決という方法には、三人以上の候補から一人だけを選ぶ場合において、このような脆弱性があるわけである。

 

民意の反映を目指すのが社会的選択理論

上の例は、私の考えだけど、このような分裂選挙において、民意が反映されない可能性をどのように排除していくのか、ということを考えるのが、この本であり、社会的選択理論と呼ばれる学問分野である。

 

本の内容

主権とは何かということを、主に、ルソーの社会契約論を基調としながら説明し、これに絡める形で、その社会選択理論が正しいのかということが検証される。

社会選択理論自体は、ほとんど数学の世界で、途中途中は説明が理論的に不誠実と思われる部分も多々あり、せめて、「数学的に難解なので詳しい理論の説明は割愛する」という一言が欲しかった。これがあれば、本の評価ももう少し高かったのだけど、岩波新書は法律関係以外はイマイチということは既に分かっていることで、編集者の質が低いのだと思う。

ただ、多数決以外の採決方法があるということは、盲点だったので、その点では勉強になった。

 

具体的な多数決以外の採決方法

具体的には、ボルダルール、スコアリングルール、コンドルセの最尤法、アローの定理、64%多数決ルール、クラークメカニズムなどが紹介されている。

64%多数決ルールについてだけ説明すると、多数決であったとしても、全体の64%以上の同意が得られれば、分裂選挙のような弊害は発生しないと言う。だから、憲法改正国民投票は、民意の反映という観点からすれば、現在の過半数でなく、2/3以上の同意が必要であろうとのことで、これは実にそうであろうと思った。

そもそも、もし、改憲国民投票が今後行われることになったとして、投票率が50%以下で、賛成が52%で改憲ということになったら、どうなるのであろうか。国民の25%しか賛成を表明していないものが民意の反映されたもの、ということになってしまう。主権と、主権の表れとしての投票システムの問題は、今後も詳しく議論されていくべきだろうと思った。

 

多数決以外の決の使い所

あと、完全に個人的意見だけど、会社内での人事などでも、スコアリングルールによる投票を行うと、いろいろ有効だろうと思った。具体的には、「こいつだけは上司にしたくない」という-1点枠を作り、ここに誰の名前が書かれるかで、いろいろなことが分かりそうだ。もちろん、機械的には処理できない。賢人は嫌われるからである。-1点がどのような雰囲気の会社で、誰につくのか、ということをよく観察すれば、表には出てこない黒幕や縁の下の力持ちもすぐ分かりそうだと思った。

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。