平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

漢籍の読み方

何事も基本が大事です。ですが、人は、その性質上「簡単なこと」である基本をあなどってしまいます。あなどれば怠り、怠ればいつか失敗し、結局は行き詰まることなるでしょう。

ですので、ここで漢籍を読む基本、「書き下し文」について説明します。これから漢籍を読んでみようという方も、もう漢籍には十分親しんでいる方も、基本をあなどらず、この記事を読んでみてください。

漢文をさらに楽しく読んでいただけるはずです。

 

1.書き下し文とは何か

書き下し文がどういったものか、という根本的なことについて説明しています。 

hiratakeigo.hatenablog.com

 

2.なぜ書き下し文があるのか

なぜ、売られている本や学校で習う授業に書き下し文があるのか、日本の歴史を紐解くことで解説します。 

hiratakeigo.hatenablog.com

 

3.書き下し文は読まなくてもいいのか

書き下し文を読んだほうがいいかどうかについて、私の意見が述べてあります。

hiratakeigo.hatenablog.com

 

4.書き下し文を読むのは脳トレ

書き下し文を読むということは、古典の知恵に触れながら、脳トレもするという一石二鳥の読書です。なぜ脳トレになるのかについて、特に説明してあります。

hiratakeigo.hatenablog.com

 

5.でも書き下し文が読めない

書き下し文を読むためには、ちょっとした心得が必要です。いわば、コツのようなものですが、そのコツについて書かれています。

hiratakeigo.hatenablog.com

 

6.漢和辞典を使おう「董卓戻礼」

漢文を読む時は、漢和辞典を使わなければなりません。上の例文は、漢文の世界ですぐに納得できる正しい文章です。どうして正しいのかについて解説があります。

hiratakeigo.hatenablog.com

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。