読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

漢籍の読み方 5.でも書き下し文が読めない・・・

 前回までの記事で、書き下し文のことや、書き下し文の読み方はなんとなく分かって頂けたかと思います。 

 

5.でも書き下し文が読めない・・・

しかし、書き下し文のことを知っただけでは、書き下し文は読めません。前回までの記事を読んで、本を読んでみたけど、「でも書き下し文、全然読めないんですけど…」と思っていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。 

そこで今回は、「書き下し文のことが分かっているのに、どうして書き下し文が読めないのか?」ということについて説明します。

 

5-1.書き下し文のある本は古い

そもそも、書き下し文付きで出版されるような本は、「古典」です。古典とは、古い本のことです。例えば『論語』だと、孔子が生きていたのが、紀元前500年ころですから、今から2500年も前からあることになります。『孫子』の著者とされる孫武は、紀元前500年ころに生きていたとされていますから、こちらも同じく2500年前からある書物ということになります。

 

5-2.時代が違えば分からないこともある

2500年も前なら、人々の生活が今とぜんぜん違ったものであったのは当然ですね。つまり、当時は、自動車も、携帯電話も、暖房や冷房も、夜の照明も無かったのです。現代語訳では、補足などである程度、時代の違いがうまく反映されて翻訳されているのに対して、書き下し文では時代の違いがダイレクトに出てしまうのです。このために、書き下し文だと急に意味の分からなくなる単語や、理解不能な文章が出てきます。

 

5-3.時代が違うことを心に留めよう

ですから、書き下し文を読むときに、少しだけ時代が違うことを心に留めるといいでしょう。意味が分からなかった場合には、「昔はどうだったんだろう?」と少し想像してみるのです。そうすると、「ああ、そうか」と分かるときがあります。

 

しかし、これだけでは、書き下し文を読めるとは限りません。というのも、今使われているのとは違う意味の漢字があるからです。

 

 次は、「董卓戻礼」という例文で、このことについて説明します。 

hiratakeigo.hatenablog.com

 

漢籍の読み方 1.書き下し文とは何か? - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 2.なぜ書き下し文があるのか - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 3.書き下し文は読まなくていいの? - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 4.書き下し文を読むのは脳トレ - 平田 圭吾のページ

今はこの記事⇒漢籍の読み方 5.でも書き下し文が読めない・・・ - 平田 圭吾のページ

漢籍の読み方 6.漢和辞典を使おう「董卓戻礼」 - 平田 圭吾のページ

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。