読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

あけましておめでとうございます

お知らせなど

f:id:hiratakeigo:20160101223155j:plain

毎年恒例の四文字熟語抱負を今年も書いた。

今年は『三略』からとって「清静平整」ということにした。


「清く静かにして平らかに整う」ということで、
意味は、「心が清く澄んでいて静かであるならば、何事にも公平に対処でき全てのことが整い治まる」
という意味になる。


清というのは、透き通っていることであり、これが公平な対処につながる。逆に濁りがある、つまり、欲や我執によって心が濁っているなら、公平な対処ができるはずもない。
平の字は自分の名前、平田の平であるけど、この字が平凡というような感じで、昔は、あまり好きでなかった。しかし、荀子の至平という言葉を知っていから好きになった。つまり、平らかとは、公平に平等に安平にという意味であるのだ。

静かということは、波風が立っていないという意味である。静かであるならば定まるとは、大学の一節であるけど、静かであるからこそ、急なことにも対処でき、また、平常心というものもある。
逆に静かでなければ、慌ただしいということであり、自分の心が慌ただしいのに、自分の周りのことが静かになるはずもない。だから、静かであるならば整い、整うのならば治まるということになる。

三略』には、「能(よ)く清らかにして能く静か、能く平らかにして能く整い」(上略)
「民を治むるに平を使い、平を致すに清以(も)てすれば、則(すなわ)ち民は其(そ)の所を得て而(しか)して天下は寧(やす)し。」(下略)とある。


今回は上の「清静平整」を書くときに手がふるえてしまい、「清静平整」ではない字しか書けなかったけど、今年の年末には、文字通り「清静平整」な字が書けるようになりたい。

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。