読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

西郷隆盛『遺訓 現代語訳』より、「二〇、その人に成るの心がけ」

電子書籍として発売中の『遺訓 現代語訳』のサンプル文です。

気に入っていただけた方は、是非ともご購入ください。

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

二〇、その人に成るの心がけ

何程制度方法を論ずるとも、其(そ)の人に非(あら)ざれば行われ難(がた)し。人有りて後方法の行わるるものなれば、人は第一の宝にして、己(おのれ)其の人に成るの心懸(こころが)け肝要なり。

f:id:hiratakeigo:20170218140915p:plain

 

◆現代語訳◆

  どれだけ、制度や方法を論じたとしても、その人でなければこれが行われることは難しい。人がいてこそ、その後にその方法も行われるのであるから、人こそが第一の宝であり、自分がその人になろうという心がけが肝要である。

 

◆解説◆

 仕事をこなすには、それを議論するだけの知識、または地位があるだけでなく、これに見合った内実が必要なことを言っている。
 いかに知識があって制度や方法に詳しい人がいたとしても、この人が、挨拶もできず、人に頭を下げて頼むこともできず、そもそも人から信用されないということならば、どんな善い制度や方法でも実現されることはない。
 サッカーに例えるならば、フォーメーションや戦術には詳しい監督がいて、選手がこの監督の言うことを聞かないということである。この監督が、イメージ通りに選手に動いてもらえるよう努力することが、その人に成るという心がけである。

 

ご購入はこちらから

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。