平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

西郷隆盛『遺訓 現代語訳』の紹介

定価は100円と大変お求めやすくなっております。

KindleもしくはGoogle Play Booksを読む環境のある方は、写真下のリンクよりご購入いただき、是非ともご一読ください。

 

f:id:hiratakeigo:20170218135250j:plain

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

『遺訓 現代語訳』の概要

遺訓43章(本編41章・追加2章)、問答14章(問4章・答7章・補遺3章)、付録として途中で紹介される伯夷頌を収録しました。
平易な現代語訳、内容理解を主眼とした解説が原文と併記されています。
解説は、卑近な例えを用いてわかりやすくすること、論語などを引用しながら言葉の意味を詳しくすることを心がけました。
そのため、西暦何年に何があって、西郷はこのとき何をしていた、といったような歴史的記述はありません。
あくまでも、書かれていることそのものの内容理解が主眼となっております。

 

目次

一~七 為政者の心構え
遺訓の由来
一、功には賞で徳に官
二、一格の国体定制
三、政治の大体
四、万民の上に位する者
五、子孫のために美田を買わず
六、君子と小人の用いどころ
七、詐謀は行き詰まるべし

八~一九 文明開化・万国対峙に臨んで
八、開明に進んで彼の制に従うべからず
九、政事の大本
一〇、人智の開発
一一、文明とはなんぞや その一
一二、文明とはなんぞや その二
一三、国家財政 その一
一四、国家財政 その二
一五、国家財政 その三
一六、節義廉恥なければ
一七、正道と国家 その一
一八、正道と国家 その二

一九~二七 敬天愛人と克己
一九、己を足れりとすれば
二〇、その人に成るの心がけ
二一、敬天愛人を目的とし
二二、己に克つ その一
二三、己に克つ その二
二四、天を敬する
二五、天を相手にせよ
二六、己を愛するは
二七、己の過ちを知ったら

二八~三三 道を行う
二八、道を行う者 その一
二九、道を行う者 その二
三〇、始末に困る人
三一、毀誉を前にして
三二、独りを慎むの学
三三、道を蹈まざる人は

三四~四一 平日よりの心構え
三四、平日作略は行わぬもの
三五、陰に事を謀れば
三六、聖賢を目指さぬは卑怯者
三七、真誠なれば後世も知る
三八、僥倖を当てにするな
三九、才に任すは危うし
四〇、狩りを終えて
四一、君子の体あるも処分なければ

追加
一、いざという時対応するには
二、その道を極めよ

問答
問答の由来
問一、猶予狐疑はなぜ起こるか
答一、猶予狐疑は義の足らざるゆえ
問二、至誠と仁智勇はどのように養うのか
答二、至誠は独りを慎むことより
答三、知を養うところ
答四、勇を養うところ
問三、時勢を知るにはどうすればよいか
答五、理と勢
答六、機会は二つあり
問四、胆力はどのように養うのか
答七、動揺しないためには

補遺
一、誠の薄ければ
二、剛胆になりたいのならば
三、英雄とは

付録 伯夷頌(作者・韓愈)

 

お買上げはこちらから

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。