読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

『合衆国再生―大いなる希望を抱いて(オバマ著)』(ダイヤモンド社)を読んで

かなり分厚い本で、読むのにかなりの時間がかかった。

今年で、オバマ大統領の任期(二期八年)も終わりということで、この大統領選前に本人の書いた本を読んでみた。オバマ氏の考えていたことが、どれほど実行されたのかを確かめるためだ。

なんでもそうであるが、言うことは簡単であるが、やることは難しい。

ちなみに、合衆国憲法においては、初代大統領ワシントンの慣例に従って、大統領は二期八年までと明記されている。たまに、なぜオバマは立候補しなかったのか?という意見を見るので、ここに明記しておく。

また、本のタイトルは、The audacity of hope で、『合衆国再生』というのは日本向けのタイトルであり、単語の意味に忠実になると、タイトルは「大胆さ、希望のね」みたいな意味になる。

オバマ氏はなぜ大統領になれたのか

それで、まず、アメリカ大統領というのは、世界で最も有名な人であると思う。
オバマ氏が、どうして、この世界で最も有名な地位に就けたのかということであるが、この本を読んでいて、もちろん本人の実力もあるにしても、かなり運が良かったんだろうなぁとしか思えなかった。
例えば、日本の選挙制度などでは、オバマ氏が首相になることはあり得ない。日本で首相になるには、党の総裁になる必要があるが、これは権力ガチガチの派閥的手腕や血筋などが必要で、オバマ氏のような若手かつポッと出の人がそれになれる可能性はかなり低いからだ。
そんなわりと有利な条件の中、時代のニーズ、何らかのご縁、また、恐らくこの本が売れたこと、オバマ氏の演説がうまくて、人の心を捉えるものであったこと、などが重なったのが、オバマ氏が大統領になれた理由だと思う。

 

この著書から読み取れるオバマ氏の人間像

次に、オバマ氏がどんな人であるかと言えば、ロダンの考える人である、また、中国古典風に言えば、君子として間違いない。
ロダンの考える人、については、オバマ氏が、あの格好でしかめっ面をしている所をご想像いただきたい。かなり似合わないだろうか?実際に、本を読んでみても、そういったしかめっ面をして、いろいろ考えていることが非常に伝わってくる本だった。いたるところに、人間らしい葛藤が見える。
君子として間違いない、というのは、この本がオバマ氏一人によって書かれていないことがその証拠である。翻訳文であるのだけど、文体や言い回しから、明らかに別の人が書いたのだろうなぁというところがある。また、事実、あとがきには、10人以上の協力者の名前が連ねられいる。かなり異例であると思う。
しかし、これは、10人以上の人に、オバマ氏の考えがしっかりと理解されているということである。もし仮に、オバマ氏がタテマエと本音を使い分ける術策に長けた人であったら、どこかで食い違いが起こっているはずなのだ。つまり、オバマ氏は、至誠の人であるからこそ、多くの人の力を借りて、この一つの著書を仕上げることができたのだ。
また、これだけ多くの人の力を借りることができるということは、まさに、「師を多く取る者は王たり、友を多く取る者は覇たり」とも言うように、自分と対等か、あるいは対等以上の人の意見をよく聞いて、それを受け容れることができるということであり、この点でも君子と言える。

 

 

オバマ氏の思想的立ち位置

また、書かれている意見としても、二項対立的な考え方、つまり、「戦争賛成VS戦争反対」のような極論、あるいは、「あいつは人間的に悪党だVSあいつはいいやつだ」という考え方をしてない。「どちらの言い分も正しいだろう、しかし間違っている部分もある」という当たり前にして、最も重要な考え方をしている。私も、ネット上で、サヨクからはネトウヨだとイチャモンをつけられ、ネトウヨからはサヨクだとバカにされるようなことがあるが、まさにこういった「賛成派、反対派のどちらからも批判されそうなこと」を主張していて、この点でも非常にすばらしいと思う。

本の書き方としては、上に書いたように、恐らく多くの人と協力して書いたものなのだろうけど、途中途中に、小説のような情景描写があり、また、スキャンダルの内側や、知られざる連邦議会の実情などもあり、こういった点で、読者を飽きさせない工夫がしてある。また、かなり文学的にうまくまとまった章もあり、この意味でも、一人で書いたものではないだろうなと思った。

 

オバマ氏は初志貫徹できたのか

最後に、オバマ氏が自分の意見を実行できたのか、というと、かなりこれは微妙である。というのも、賛成でも反対でもないから、それが時代の流れでそうなったのか、オバマ氏の手腕でそうなったのか、判定ができないからである。イラク戦争撤退は、この本でも明言されており、実行されているので、これは明らかに評価できる。

 

アメリカの内情がよく分かる

そういった意味でも、オバマ氏の政治的手腕を評価する本というよりも、日本人としてみれば、アメリカの内情がよく分かる本として読む価値がある。
ちなみに、アメリカからすると、日本とヨーロッパ諸国は同列で語られているのが、なんか新鮮であった。あと、同じような問題は抱えている反面で、アメリカ特有の問題が多くあり、アメリカと比べて、日本はかなり恵まれているとも思った。

ちなみに、今、オバマ氏は、大統領退陣の際、しばらくは著書を書いたりして、家族との時間を大切にしたい、と言っているので、また著書が出るものと思う。個人的には楽しみにしている。

 

『合衆国再生―大いなる希望を抱いて』をアマゾンで買う 

 

hiratakeigo.hatenablog.com

『小さな出版社のつくり方』(猿江商會)を読んで

面白かった。
本自体の装丁としても、カバーは半透明のものでデザイン性に優れ、紙の質も明らかに良く、クオリティは高いと言える。

内容として、ハウツー本ではなく、12の「小さな出版社」のできた経緯や、その後の経営状況を取材し、まとめた本であった。
だから、一言目の感想が、いい本だったとかいうのでなくて、面白かったというものになっている。

 

一般の人には若干読みにくい

ただ、業界用語とかの説明の度合いや、書き方や編集のやり方、タイトルからしても、「既に編集や本作り、あるいは本の販売に関わっている人」が、読者層としてターゲットになっていると思われる。少し工夫して、「一般の本が好きな人や本に興味がある人」もターゲットに入れていても良かったのではないかと思う。
とはいえ、この本を読んでいれば、そのようにターゲットを絞った理由もいろいろな意味で分かるので、批判は込められていないし、業界用語を知らない人でも楽しく読める程度であるとは思う。

 

ライバル多く書籍の売上はダダ下がり

また、ターゲットが限定されているということとも関係があるのだけど、そもそも、雑誌を含めた書籍に関する売上は、1990年台後半の2.6兆円を境に年々落ちており、現在では1.5兆円となっている。この著者の方は、売上減少の主な要因を生産年齢人口の減少としているけど、これは私は正確ではないと思う。
というのも、『日本のマスメディア』というNHK出版の本を読むと理由は明々白々で、本を読む以外の娯楽がそのころから増えているのだ。つまり、レンタルビデオ、テレビ、ゲーム、ネットなど、本を読むことに置換しうる娯楽が、その頃から急激に普及したという事実もある。だから、本を売る(もちろんマンガも含めて)ということを考える時には、レンタルビデオなどの映画作品、あるいはゲームすらも、ライバルとして意識しなければならない。

 

小さな出版社の価値

このようなわけで、出版業界が厳しくなるのは当然で、厳しくなれば攻めることはできず守りとなり、仕事内容も保守的となって、出版社に勤めている人も、面白い仕事や自分のやりたい仕事はできなくなるし、当然のように本自体もつまらなくなる。だからこそ、この本に登場してくるような小回りの効く小さい出版社というものにいろいろな価値が出てくる。

 

出版業界特有の問題

しかし問題はそれだけではない。出版業界特有の問題も、この本のひとつのテーマとして書かれている。それは、取次(問屋)を挟んだ出版業界特有の流通システムだ。この問題は、特に最近の新書の陳腐化とも深い関係があるのだが、なぜその流通システムに問題があるのかは複雑なので、知りたい方はこの本を読んでいただければと思う。

 

この本で紹介されている出版社

ちなみに、この本で紹介されていた出版社は、アルテスパブリッシング、鉄筆、羽鳥書店、悟空出版、ブックエンド、小さい書房、コルク、SPBS、トランスビュー、ころから、共和国、猿江商會(この本を出版している会社のため簡略)となっている。
最初にも書いたように、面白いし、本の装丁もクオリティが高いので、ぜひとも手に取って読んでいただければと思う。(ちなみに、私は図書館で借りた。)

 

『小さな出版社のつくり方』をアマゾンで入手

 

hiratakeigo.hatenablog.com

 

『ネット炎上対策の教科書ー攻めと守りのSNS活用』(日経BP社)を読んで

本の内容

一般向けの本ではなかったし、炎上対策が主眼の本でもなかった。
つまり、この本の内容は、「炎上が怖くてSNSを活用することに二の足を踏んでいる企業」にジャストフィトするものであり、この条件に合わない人が読んでも、面白くもないし参考にもならない。逆に言えば、上の条件に一致する人が読めば、タイトル通り「教科書」と言えるくらい示唆に富んだものであると思う。
だから、書かれている内容としては、炎上対策一本槍でなく、SNS活用での成功事例が紙幅の半分を占めている。

 

炎上の語源

一つ面白い話として、この「炎上」という言葉の語源の紹介があった。それによると、もと、炎上とは野球でピッチャーが滅多打ちにされた時に「○○投手火ダルマ」などと新聞などで使われていた言葉が元になっているらしく、「炎上」自体が新聞で使われ始めたのは2000年ころではないかとのことだ。
この「滅多打ちにされる」というイメージ、また、「燃料投下」、「鎮火」などの派生語がうまくイメージに合致したことによって、この「炎上」という言葉がネット上で定着することとなったのであろうとのことだ。

この「炎上」について詳しく知りたい方は、前回の「ソーシャルメディア炎上事件簿」に関する記事を読んでいただければと思う。

 

炎上の新傾向(既に古い)

ちなみに、炎上の新傾向として本書に収められていたものとしては、「女性が家事をするのが当たり前みたいな言い回し」、「数は少ないが声の大きいネット右翼が過剰反応する韓国関連の事」が書かれていた。この本の出版が2015年で、現在が2017年で2年の月日が経っているわけだけど、既にこれらのことは下火気味になっているので、やっぱりネット上での時代の移り変わりは早いなぁと思う。 

 

広報活動でSNSを使いたならオススメ

最初にも書いたように、自社の広報活動にSNSを活用しようか迷っている、ということならば、この本を読んで検討するのがいいだろう。また、SNSを活用するならば、手元に置いて危機管理や活用方法の参考にするといいと思うし、実際に役に立つと思う。

 

ネット炎上対策の教科書を入手してSNS活用の広報をする 

 

hiratakeigo.hatenablog.com

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。