平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

呉子 書き下し文の抜粋

 

呉子』は『孫子』にも劣らない良書なのですが、あまり知られていないようです。

こちらに、紹介として抜粋文を掲載しておきますので、読んでみてください。『呉子』の大体の輪郭は分かると思います。

 

気に入られた方は是非とも拙著をお買い上げください。これはツイッターに登録したものですので、字数制限のため簡略な翻訳となっておりますが、本書では平易で丁寧な翻訳となっております。

解説も全ての章に付してあります上に、徐々に兵法書の役立て方を知っていただけるように、解説を書いてあります。

さらに、付録史記』と『韓非子』の抜粋から、作者呉起の事跡をたどることもできます。

 

呉子: 兵法 武経七書 Kindle版  

『呉子(武経七書)』 Google Play

 

以下が抜粋文です。また、こちらも正直なところ商売ですので、思わせぶりな抜粋もあります。「え、それってどうゆう意味なの?」と思った方はぜひお買い上げください。(*^_^*)

 

臣見(あら)わるるを以て隠れたるを占い、往(おう)以て来を察す。主君、何(なん)ぞ言と心と違(たが)う。『呉子・図国第一』

◎わたしは、見えることから隠れたことを考え知り、既に終わった往事からこれから来る来時を推察しています。あなたさまは、どうして心と違うことを言うのですか。

 

譬(たと)えば、猶お伏鶏の狸(たぬき)を縛り、乳犬(ちのみいぬ)の虎を犯すがごとくにして、闘心有りといえども死に随(したが)わんか。『呉子・図国第一』

◎(兵事に通じたものを求めないなら)鶏が狸を縛り上げ、幼い犬が虎を倒そうとするようなもので、やる気があって死ぬことになります。


明主は茲(ここ)に鑑(かんが)みて、必ず内に文徳を修め、外は武備を治む。『呉子・図国第一』

◎物事の道理に明らかな者は、この事跡のことをよく考えて、必ず内には文徳を修めるようにし、外に対しては武備を治めるようにするのです。


諸侯と大戦すること七十六。全き勝ちは六十四。余は則ち均しく解く。四面に土を闢(ひら)き、千里の地を拓けるは、皆起の功なり。『呉子・図国第一』

◎76回の大きな戦をして、全勝というべき勝ちはそのうちの64回、残りは和睦か引き分けとしました。これは皆呉起の功績です。


昔の国を図(はか)る者は、必ず先に百姓を教えて万民に親しむ。不和には四有り。『呉子・図国第一』

◎昔の国のことをよく考える者は、必ず先に様々な職業の人々を教えてすべての人に親しみました。(国の存亡を揺るがす)四つの不和があるからです。


若(も)し行いて道に合わず、挙げて義に合わざれば、大に処(お)りて貴に居るとも、患(うれ)い必ず之(これ)に逮(およ)ぶ。『呉子・図国第一』

◎行って道に合わず、事を挙げて義に合わないならば、大きな勢力があって高い位があったとしても、必ず心配事が身に及ぶのです。


天人(てんひと)に順(したが)いて挙ぐ、故に能(よ)く然(しか)らしむるなり。『呉子・図国第一』

◎天の道理と人の情に従って挙兵する、だからこそよくそのような結果を得ることができるのです。   


是(ここ)を以て、勝ちを数えて天下を得る者は稀(まれ)にして亡ぶ者は衆(おお)し。『呉子・図国第一』

◎このようなわけで、何度も勝ちを重ねて天下を得る者は稀であり、亡んでしまう者こそ多いのです。


呉子曰(いわ)く、凡そ兵の起こる所に五有り。一に曰く争名、二に曰く争利、三に曰く積悪、四に曰く内乱、五に曰く因飢(いんき)。『呉子・図国第一』

◎そもそも、出兵する理由は五つある。一つ目が争名、二つ目が争利、三つ目が積悪、四つ目が内乱、五つ目が因飢(いんき)。


武侯問うて曰く、願わくば陣(じん)して必ず定まり、守りて必ず固く、戦いて必ず勝つの道を聞かん。 起対えて曰く、立ちどころに見るも且(か)つ可なり。豈(あ)に直(ただ)聞くのみならんや。『呉子・図国第一』

◎「必ず勝つ方法はあるだろうか」 「それはすぐに実現できることです」


世は聖を絶たず。国に賢乏(とぼ)しからず。其の師を能く得る者は王たり、其の友を能く得る者は覇たりと。『呉子・図国第一』

◎世の中には常に聖人が居り、国に賢者はいくらでも居る。教えを乞う師を得るならば王者となり、対等に語る友を得るなら覇者となる。


夫(そ)れ、国家を安んずるの道は、先(ま)ず戒(いまし)むを宝と為(な)す。今、君は已(すで)に戒む。其(そ)れ禍(わざわい)遠からんや。『呉子・料敵第二』

◎国を安定する道においては、心を引き締め警戒することこそ宝とすべきです。あなたは心配していますから、禍も遠いでしょう。


請(こ)う臣、六国の俗を論ぜんことを。『呉子・料敵第二』

◎このわたくしめに、戦国の七雄の風俗について論じさせて頂きたい。(この後各国の政治と軍隊を呉起が分析する)


凡(おおよ)そ敵を料(はか)り、卜(うらな)わずして之(これ)と戦う者に八有り。『呉子・料敵第二』

◎そもそも、敵のことを測り知って、考えるまでもなく戦うべき敵に八つのものがある。


占わずして之を避くる者に六有り。『呉子・料敵第二』

◎考えるまでもなく避けるべき敵に六つのものがある。


所謂(いわゆる)、可を見て進み、難(かた)きを知って退くなり。『呉子・料敵第二』

◎今述べたようなことが、可能であることを見て進み、困難であることを知って退くということなのだ。   


兵を用いるには、必ず須(すべか)らく、敵の虚実を審(つまび)らかにして、其の危に趨(おもむ)くべし。『呉子・料敵第二』

◎兵を用いるには、必ず敵の空虚なところと充実したこところを詳しく調べて、その危うい所におもむくべきなのだ。


武侯問うて曰く、兵の道何をか先にせん。 起対(こた)えて曰く、四軽二重一信(しけいにちょういっしん)を先にせん。『呉子・治兵第三』

◎「兵事においては何を先にやるべきだろうか」 「四軽二重一信(できる限りの準備と法令整備)を先にすべきです」


武侯問うて曰く、兵は何を以て勝ちと為す。 起対えて曰く、治めるを以て勝ちと為す。『呉子・治兵第三』

◎「兵とは何によって勝つことができるのだろうか」 「治まっていることによって勝つことができます」


所謂(いわゆる)治者とは、居れば則ち礼有り、動けば則ち威有り。進みて当たるべからず、退きて追うべからず。『呉子・治兵第三』

◎治者というものは、動かなければ礼があり、動けば威風があり、進めば当たることができず、退却すれば追うことすらできないものなのです。


上の令既に廃(すた)るれば、居るを以て則(すなわ)ち乱れ、戦うを以て則ち敗る。『呉子・治兵第三』

◎上位者の法令がすたれてしまえば、動かなければ混乱が生じ、戦えば敗北することとなるのです。


凡そ兵戦の場とは、屍(しかばね)に止まるの地なり。必死は則(すなわ)ち生き、幸生(こうしょう)は則ち死す。『呉子・治兵第三』

◎そもそも戦場とは、死ぬことが当たり前の地なのです。死に物狂いで戦えば生きて、生きることにこだわれば死んでしまうのです。


其れ善く将たる者は、漏船(ろうせん)の中に坐(ざ)して、焼屋(しょうおく)の下に伏するが如(ごと)し。『呉子・治兵第三』

◎善い将軍とは、水漏れのある船の中に座り、火事の家で円の下に伏せているかのようにしているものなのです。


用兵の害とは、猶予(ゆうよ)が最大にして、三軍の災いは孤疑(こぎ)に生ずと。『呉子・治兵第三』

◎兵を用いることにおける害は、余裕で構えることが最大のものであり、軍隊の災いは将軍が孤立することから生じるのです。


夫れ、人は常に其の能(あた)わざる所に死して、其の不便なる所に敗る。故に用兵の法は、教え戒(いまし)むるを以て先と為す。『呉子・治兵第三』

◎そもそも、人とは常にそのできないことが原因で死に、その不都合がある所で敗北するものです。だから用兵では教えることを先にするのです。


一人戦を学べば、十人を教え成し、十人戦を学べば、百人を教え成し、百人戦を学べば、千人を教え成し、千人戦を学べば、万人を教え成し、万人戦を学べば、三軍を教え成す。『呉子・治兵第三』

◎一人が学び多くを教える、これはねずみ算のことなのです。


必ず左を青龍(せいりゅう)として右を白虎(びゃっこ)とし、前を朱雀(すざく)として後ろを玄武(げんぶ)とす。招揺(しょうよう)は上に在り、従事は下に在り。『呉子・治兵第三』

◎左が青龍、右が白虎、前が朱雀で、後ろが玄武、上には北斗七星の旗があり、下は上に従っているのです。


凡(おおよ)そ、人の将を論ずるは常に勇において観(み)る。勇の将におけるは乃(すなわ)ち数分の一のみ。夫れ、勇者は必ず軽く合う、軽く合いて利を知らざれば未だ可ならざるなり。『呉子・論将第四』

◎人は武勇で将軍を評価するが、それは間違いだ。簡単に一騎打ちすれば、必ず利益を失う。


故に将の慎(つつし)む所の者に五あり。一に曰く理。二に曰く備。三に曰く果。四に曰く戒(かい)。五に曰く約。『呉子・論将第四』

◎だから将軍が慎んで自戒すべきことは五つある。一つ目が理。二つ目が備。三つ目が果。四つ目が戒。五つ目が約。


命を受けて辞せず、敵破りて返るを言うは、将の礼なり。故に師に出(い)づるの日、死の栄(さかえ)有りて、生の辱(はじ)無し。『呉子・論将第四』

◎命令を受けてこれを辞退せず、敵を破ってから帰る話をするのは、将軍の礼というものだ。だから、出陣の日、死の栄誉と生の恥を覚悟するのだ。


凡そ兵を用いるに四機有り。一に曰く気機、二に曰く地機、三に曰く時機、四に曰く力機(りきき)。『呉子・論将第四』

◎そもそも、兵を用いることには四つの変化の契機というものがある。一つ目が気機、二つ目が地機、三つ目が時機、四つ目が力機。


凡そ戦の要とは、必ず先に其の将を占いて、其の才を察するなり。其の形に因(よ)りて其の権(けん)を用いれば、則ち労せずして功挙がる。『呉子・論将第四』

◎そもそも戦いの要点とは、必ず先にその将軍のことをよく考え、その材質を推察するのです。天秤にかければ苦労せずに功績が挙がります。


令に従わざる者は誅(ちゅう)す。三軍威に服して、士卒は命を用(もち)う。則ち戦いて強敵無く、攻めて堅陣(けんじん)無し。『呉子・応変第五』

◎軍令に従わない者は誅殺します。このように全軍が法令を恐れて兵士は命令を聞くのです。こうなれば強敵も堅陣もありません。


人には短長有り、気に盛衰有り。『呉子・励士第六』

◎人には短所と長所があり、気には盛るときと衰えるときがあるものです。


今一死賊(いっしぞく)を広野に伏せしめて、千人之を追うも、梟視狼顧(きょうしろうこ)ならざるはなし。何(いず)れの者も、其の暴起ちて己を害するを恐るればなり。『呉子・励士第六』

◎死に物狂いの者が一人潜んでおれば、千人でこれを追っても皆が皆恐れおののくこととなります。

 

関連記事

『呉子 武経七書』 翻訳終了 - 平田 圭吾のページ

呉子より 不和こそ最大の敵 - 平田 圭吾のページ

呉子より 用兵之害猶予最大、三軍之災生於孤疑 - 平田 圭吾のページ

呉子 書き下し文の抜粋 - 平田 圭吾のページ

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。