読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

翻訳本 三略 少しずつ紹介3 「主将之法」

武経七書

 

上略 其ノ一 剛柔強弱天道自然 

 

《主将之法》

《剛柔強弱 その一》

《天地流転》(⇐ここまで公開します) 

《微守保生》

《剛柔強弱 その二》

《四肢腹心》

《天道自然》

 

 

《主将之法(しゅしょうのほう)》

 

◆書き下し文◆

夫(そ)れ主将の法は、務(つと)めて英雄の心を攬(と)る。有功を賞祿(しょうろく)し、衆に志(こころざし)を通ず。

故(ゆえ)に衆と好を同じくして、成らざる靡(な)し。衆と悪を同じくして、傾かざる靡(な)し。

国を治め家を安んずるは、人を得るなり。国を亡ぼし家を破るは、人を失うなり。気を含むの類(たぐい)は、咸(ことごと)く其の志を得んことを願う。

 

◆現代語訳◆

 そもそも、君主や将軍が己の法とすべきことは、出来る限り英雄の心を手中に収めることだ。功績有る者に賞と禄(ろく)(役職と給料)を与え、民衆のこうしたいと思う志(こころざし)に通じることである。

 だから、民衆と美事を同じくすれば、必ず成し遂げることができる。民衆と忌(い)み嫌う事を同じくすれば、必ず(民衆の心もこちらに)傾く。

 国を治めて家を安んずるということは、人を得るということである。国を滅ぼして家を破るということは、人を失うということである。(また、賢人を得れば国を治めて家を安んずることもでき、賢人を失えば国を滅ぼして家を破ることになる。このように、やり方次第で得ることも失うこともあるが、)気のあるものは、みなすべて、志を得ることを願っているのだ。

 

◆解説◆

 この『三略』の始めに、「主将の法」が書かれているのは、この三略が、君主や将軍向けに書かれているからである。

 また、「靡(な)し」は「靡(なび)く」とも読み、「靡(な)し」と読むのは『三略』中ここだけである。現在は、喜怒哀楽の四情が感情の全てのような言われ方もあるが、人の感情で最も鋭敏なものは、実は好悪の感情である。この好悪の感情を読み取ることができれば、人々の心を「なびかせる」こともできるという暗示がある。ただし、「衆と悪を同じくして、傾かざる靡(な)し。」を「民衆と同じになって悪事をしていれば、国は必ず傾いてしまう。」と読む説もあり、これはこれで正しい。

 次に、「気」とは、当時独特の概念であり、『孟子』には、「志とは気を率(ひき)いるものであり、気とは体を統(す)べるものである」とある。また、『荀子』には「水火には気あるも生なく、草木は生あるも知なく、禽獣(きんじゅう)には知あるも義なし。」とある。この記述からも分かるように、当時の気は、少なくとも、現代の、アニメなどで可視化するような気や、スピリチュアルのオーラとは全く違ったものであり、もっと現実的なものである。志とは、こうしたいという根本的な思いや意志であり、動物や鳥ならば、平穏無事に生きることがその志である。

 

『三略:兵法 武経七書』の紹介 - 平田 圭吾のページ

 

翻訳本 三略 少しずつ紹介1 「はじめに」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 三略 少しずつ紹介2 「三略とは」 - 平田 圭吾のページ

今はこの記事⇒翻訳本 三略 少しずつ紹介3 「主将之法」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 三略 少しずつ紹介4 「剛柔強弱 その1」 - 平田 圭吾のページ 

翻訳本 三略 少しずつ紹介5 「天地流転」 - 平田 圭吾のページ

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。