平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

お知らせなど

お知らせなど

売上部数通算2000部突破!

ありがとうございます!

※2017年4月

 

新発売 100円に値下げ

西郷隆盛の貴重な自著とされる『遺訓』の現代語訳を2/19より販売開始いたしました。

『遺訓 現代語訳』は、平易な訳文と丁寧な解説で、わかりやすいものとなっております。どうぞよろしくお願いします。

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

 易経一日一言

非常に難解な書物として知られる「易経」の考え方を、毎日分かりやすい言葉で発信しております。読者登録、フォローよろしくお願いします。

アメブロ 平田圭吾の易経一日一言

ツイッター 漢籍名言@kann_seki

 

作品のお買上げはこちらから 

お使いの電子書籍ソフトに合わせて下記のリンクをクリックしてください。

Amazon Kindle

Google Play Books

現在は電子書籍のみ販売しております。電子書籍をご利用でない方は、こちらの記事を御覧ください。全部無料で試せますので、便利かどうかは、試してみて考えるのが一番です。

電子書籍の読み方 1.電子書籍とは? - 平田 圭吾のページ

 

いろいろな本の紹介

ブログ内記事充実のために、近所の図書館で借りてきて読んだ本を紹介することにしました。

分野は多岐に渡りますが、小説は基本なしです。

本の中身をある程度要約して紹介しますので、読んでみたいという本が見つかるかもしれません。

また、新しい知識や価値観との出会いをお手伝いできればと思っております。

本の紹介記事 まとめ - 平田 圭吾のページ

 

お問い合わせご要望はこちらまで

読みたいけど翻訳が手に入らない古典や、新たに翻訳して欲しいタイトルがありましたら、お気軽にリクエストください。参考にさせて頂きます。リクエストから翻訳したものとしては『曹操詩集』 があります。

その他のご要望なども、お気軽によろしくお願いします。

メールアドレスは、keigossa☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)です。

 

平田圭吾について

「こいつ何者だ」と思われる方もいらっしゃるかと思います。 人となりなどは、著作から読み取っていただければ幸いです。

また、簡単に経緯について記事にしました。

hiratakeigo.hatenablog.com

『儲かる色の選び方 売れる色を見極めるマーケティング』 (デザインビジネス選書)  を読んで

いわゆるカラーマーケティングや、カラーデザインの本。
いろいろな商品の色使いについて言及があるが、この著者の方は、携帯電話、家電、自動車などの製造に深く携わってきたようで、そういった製品に関する色使いについて、造詣が深いように思われた。

初級から熟練者まで役立つ教科書的な良著

基本的に製品を使うだけのわれわれ側からすると、手に取ることはない本であるけど、読んでみると非常に面白い。製品の色を決めるのに、こんなにいろいろ考えてるんだということがよく分かる。もちろん、そういったことに既に携わっている人でも、参考になる部分は多いだろう。同じことを扱った他の本は読んだことはないが、要点がうまく、また分かりやすくまとめられているので、入門者から熟練者の基本確認でも使える教科書的な良著といえる。

 

デザインはセンスの世界ではない

この本を読んだことで、車の色とか、何気なく使っている製品の色とかに興味を持つようになった。また、「デザインはセンスの世界」というのが単なる思い込みであるということもよく分かった。
というのも、金儲けは浅ましい行為がつきまといがちであるが、これと同時に「失敗できない」「何とか儲けたい」という理由で、モチベーションも上がりやすく、かなり効率よく不確実なものや無駄を排除していくからだ。これはつまり、当然に「センスや感性」という不確実かつ無駄を生みやすいものを排除する方向に人を動かしていく。しかし、色はどうしても感性やセンスの問題である。だから、「理論で設計して(売れそうなものウケそうなものに絞り込んで)、最終的に感性やセンスで判断するのがデザイン」という結果に行き着くのだ。この本は、この過程ややり方について要点を抑えた上で分かりやすく書かれている。

 

色は感情や願望だけで選ばれる

また、色というのは、「感情や願望だけで選ばれるもの」ということで、これも考えたことはなかったが、言われてみてそうだなぁと思った。また、これがわかったことで、前から一個不思議に思っていたことの謎も解けた。

 

アニメキャラの髪の毛の色はどうしてあり得ない色なのか

その謎というのは「女の子アニメキャラ」の髪の毛の色についてである。女の子アニメキャラの髪の毛の色は、とにかく現実ではありえない色、紫とか緑、あとピンクが並ぶ。もっと極端に言えば、アニメファンには怒られるかもしれないが、興味のない私からすると、女の子アニメキャラの違いは、髪の毛の色も含めた髪型だけのようにしか見えない。だから、女の子アニメキャラの髪の毛の色を変えるのは、「キャラを見分けるため、キャラの違いを分かるようにするため」だと思っていた。
しかし、この本によると、色はその人の願望や感情によって選び取られるということで、まさにそういった理由で、髪の毛の色を現実ではあり得ない色からも選んでいるのだと分かった。多分、色が人に与える印象もよく考慮した上で、キャラの性格も決まっているのだろう。

 

この本を読んで売れる色を見極めたマーケティングをする

 

hiratakeigo.hatenablog.com

『経営者のためのウェブブランディングの教科書』(幻冬舎) を読んで

いわゆるマーケティングの本。
会社や団体その他のホームページを作る際、ブランディングも意識したホームページを作ったほうがいいことが述べられている。また、そのようなホームページはどのようにしたらデザインできるのか、ということについても書かれている。
ホームページを作ろうかと迷っている会社や団体、あるいは、既にあるホームページをリニューアルしようと思っている会社や団体には役に立つだろう。

ホームページの重要性

現代において、「ホームページがとりあえずあればいい」という考え方は、かなり危うい。というのも、猫も杓子もスマートフォンの現代では、第三者が、その会社や団体について知ろうとする時、まず間違いないくホームページを見るからである。

客の立場からすれば、そこの商品を買おうか迷っているのに、ホームページが存在しない、あるいは、ホームページが会社のイメージとかけ離れているということならば、商品は購入しないだろう。

また、採用という観点からも、これから就職しようとする人、または社内で転職を考えている人も、その会社のホームページはとりあえずは見てみるものだ。ここでホームページに違和感や適当さを覚えれば、必ずやその人は、別の会社を探すだろう。

こういった意味で、ホームページの存在意義は現代においてかなり大きい。
この存在意義の高いホームページを、少し意識高めに作っていこうというのがこの本の言わんとすることだ。

 

ブランディングとは

また、企業や団体のイメージを固定した上で、長期的にマーケティング戦略を立てることを、現在ではブランディングと言う。だから、ウェブブランディングなのだ。

ちなみに、ブランドが何かということについては、表紙のデザインがそっくりで、日本経済新聞出版社から出ている『小さな会社を強くするブランドづくりの教科書』がかなりの良著である。

 

本の内容

話を戻して、この『経営者のためのウェブブランディングの教科書』には、どうゆう準備をして、どのような基準で、ウェブデザインの会社を選定し、付き合っていったらいいのかということが、ウェブデザイン会社の目線で書かれている。

また、ウェブページを構成する上で不可欠な読み物(コンテンツ)の作り方も、この本には書かれている。このやり方は3S6Gとこの著者の方が名付けているのだが、かなり効果的な方法だと思う。長いことウェブページを作り、また研究してきたのだろうなぁということが読み取れる洗練された考え方であった。

以上のようなことを知りたい方は、手にとって損はないと思うが、ブランディングについては、若干不十分と思われるので、先に紹介した『小さな会社を強くするブランドづくりの教科書』も読んだほうがいいと思う。

 

この本をアマゾンで入手してウェブブランディングについて知る

 

hiratakeigo.hatenablog.com

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。