平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

お知らせなど

お知らせなど

売上部数通算2000部突破!

ありがとうございます!

※2017年4月

 

新発売 100円に値下げ

西郷隆盛の貴重な自著とされる『遺訓』の現代語訳を2/19より販売開始いたしました。

『遺訓 現代語訳』は、平易な訳文と丁寧な解説で、わかりやすいものとなっております。どうぞよろしくお願いします。

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

 易経一日一言

非常に難解な書物として知られる「易経」の考え方を、毎日分かりやすい言葉で発信しております。読者登録、フォローよろしくお願いします。

アメブロ 平田圭吾の易経一日一言

ツイッター 漢籍名言@kann_seki

 

作品のお買上げはこちらから 

お使いの電子書籍ソフトに合わせて下記のリンクをクリックしてください。

Amazon Kindle

Google Play Books

現在は電子書籍のみ販売しております。電子書籍をご利用でない方は、こちらの記事を御覧ください。全部無料で試せますので、便利かどうかは、試してみて考えるのが一番です。

電子書籍の読み方 1.電子書籍とは? - 平田 圭吾のページ

 

いろいろな本の紹介

ブログ内記事充実のために、近所の図書館で借りてきて読んだ本を紹介することにしました。

分野は多岐に渡りますが、小説は基本なしです。

本の中身をある程度要約して紹介しますので、読んでみたいという本が見つかるかもしれません。

また、新しい知識や価値観との出会いをお手伝いできればと思っております。

本の紹介記事 まとめ - 平田 圭吾のページ

 

お問い合わせご要望はこちらまで

読みたいけど翻訳が手に入らない古典や、新たに翻訳して欲しいタイトルがありましたら、お気軽にリクエストください。参考にさせて頂きます。リクエストから翻訳したものとしては『曹操詩集』 があります。

その他のご要望なども、お気軽によろしくお願いします。

メールアドレスは、keigossa☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)です。

 

平田圭吾について

「こいつ何者だ」と思われる方もいらっしゃるかと思います。 人となりなどは、著作から読み取っていただければ幸いです。

また、簡単に経緯について記事にしました。

hiratakeigo.hatenablog.com

『孫文――近代化の岐路』 (岩波新書) を読んで

孫文の一生についてまとめた本で、うまくまとめてあると思う。


ただ、孫文が革命家であったということもあり、どうしても、「本人の事跡」「思想の変遷」「社会の状況」の三本柱で話を進めなければならず、この点で話がわかりにくくなっていた。また、紙幅も足らないなぁと思った。


孫文革命文集 (岩波文庫)と、中国の当時の歴史を扱った本と合わせて読むとさらに理解が深まると思う。これらと複合で読むということなら、十分良著と言えるだろう。

孫文の生い立ちや事跡

三本柱のひとつ、孫文の事跡であるが、まず孫文は12歳から4年間、ハワイで商家として成功した兄のもとで過ごす。その後、中国に戻り、医学学校を出て薬局を営むも、当時先端技術であった西洋医学を駆使したことにより、周辺のやっかみを勝って、うまくいかなくなる。


そのときにできた知り合いなどと、革命を志すようになり、ハワイで資金調達後、武力蜂起する。これがもとで亡命の身となり、その後、16年を日本を含む海外で過ごすこととなる。亡命生活ながらも、革命資金を集めたり、小冊子を配布して革命思想を宣伝していたようだ。


そんな中、中国本国で辛亥革命が起こり、これを機に本国に帰ったのであるが、辛亥革命孫文に影響された人が、孫文の直接の指示無く起こしたものであり、こういった経緯もあって、孫文は臨時大総統となった。


しかし、政敵袁世凱の躍進により、革命は潰え、自身もまた亡命生活を余儀なくされる。その後、政変により、また中国に戻るのであるが、地盤を作ることに失敗し、志は半ばで亡くなることとなる。タバコも酒もしなかったらしいが、亡命生活の苦労がたたり、59歳の生涯を閉じることとなった。孫文の死体は、防腐処理がされて現在は台湾にあるらしいが、防腐処理は孫文の遺言らしい。

 

なぜ孫文は注目されたのか

正直なところ、孫文のこの事跡だけを追ってみると、地盤なしで根無し草の孫文が、どうしてこれほど有名になったのかと、誰もが疑問に思うところであると思う。


しかし、これは孫文の「放浪生活」にひとつの答えがある。というのも、中国には、放浪生活の後に権力得て、治世をもたらしたという超有名で人気の高い人がいるからだ。


まず日本でも一番有名なのが、三国志劉備である。劉備の蜀は諸葛亮の指導の元、「北伐」を繰り返すわけであるが、孫文清朝の打倒、北京中央政府打倒という「北伐」を繰り返し起こしている。孫文の出身地が南にあり、地盤がなかったと言えど、臨時政府は南京が拠点であったりと南北での対立がしばしば表面化していたからである。ただし、「北伐」は10回以上も失敗したことになる。


また、春秋戦国時代の斉の桓公や晋の文公も、孫文と同じく、放浪生活を余儀なくされた後で、晴れて君主となり、その後治世をもたらした人物である。


このような歴史的背景と、社会への不満と新しい体制への期待があって、孫文への人気と期待は、否応なしに高まっていたのだろうと思われる。


もちろん、孫文自身、ハワイにいたこともあって英語ができたこと、かなり読書をしていたようで文才があったこと、亡命生活で中国人では想像できないような新しい社会体制の青写真を持っていたことも、孫文に人気が集まった理由ではあると思う。しかし、それ以上に、劉備などがいなかったら、孫文がこれほど注目され、期待されることはなかったであろう。

 

孫文の思想

孫文の思想は、この本で読む限りだと、かなり現在の共産党一党独裁体制に近いものがある。ただ、孫文自身の理想としては、アメリカのような連邦制や、共和制民主主義を目指していたようだ。また、独裁的な手法も一時的に已むを得ず取るものということで、肯定してたらしい。


晩年ころには、毛沢東もといソ連コミンテルン共産党と連携体制を取るわけであるが、全く同じというわけではなく、一線は画していたようである。それでも、現在から見るとほぼ一緒としか思えない社会体制の思想ではある。

 

当時の社会状況

また、当時の社会の状況について、中国では、中央と地方に独特な力関係の均衡があり、この本において、それは、地方権力の「放」と中央集権の「収」という対立軸でうまく説明されている。この「放」と「収」のバランスが崩れ、「放」側にいくと革命的な動きが起こり、「収」側に傾くと復古体制的な動きが起こるということになる。

 

なんだかんだで、孫文が現代中国に及ぼした影響はけっこう大きいと思う。隣国中国を理解するという観点からも読んで損はないと思う。

 

孫文――近代化の岐路 (岩波新書)をアマゾンで入手する

 

hiratakeigo.hatenablog.com

『社会契約論: ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』 (ちくま新書)を読んで

タイトルに「入門」を付けていると良かったと思う。
あと、エッセイみたいな本で、基本的には読みやすい本だった。
というのも、普通こういったタイトルの本では、引用をふんだんに使って自分の意見は暗喩的に示すのが普通だからである。つまり、この本は、引用が少なく、著者の日常が織り交ざったエッセイみたいな文章が展開される。

女性らしいエッセイみたいな記述

このように書くと、批判のようにも聞こえるだろうが、これは悪い評価ではない。むしろ、女性らしい視点、女性らしい文章構成が感じられて、そういった意味では興味深いし、こういったタイトルの本はあまり読まない女性でも、わりと入りやすい本と思う。また女性らしいという点では、「ひらがなてんかい」などという小賢しい技法を用いる本よりも、はるかに女性らしさが出ていると言えるだろう。あとかがきによると、これは編集者の助力のもと、意図的にそうしたとのことで評価できる。

裏表紙の著者近影は、「人造人間」というTシャツを着た著者が、満面の笑みを浮かべたものとなっている。このことに疑問や反感を感じる人は、読まないことをオススメしたい。むしろ、それが気になる人は、読めば気に入るかもしれない。ちなみに、私はこの写真に疑問を感じたのだが、私がもう少し寛大でなく忍耐のない人間だったら、途中で読むのをやめていたと思う。
とはいえ、読み終わってみれば、分かりやすく「社会契約論」がまとめられて、全体的な印象は悪くない。
ただ、社会契約論の説明だけで終わってしまっていて、全体を通して、著者の意見が伝わってこなかった。せっかくエッセイみたいな文章構成にしたのだから、全体を通して、自分の意見、もしくは、読者と社会契約論を直接的に結びつけるような記述が、もっと織り交ぜられているとさらに良かったと思う。

 

個人的な見解

内容としては、タイトルの通り、ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズの「社会契約論」が語られる。以下、個人的に面白そうだなと思った部分を書き留めておく。
ヒュームの社会契約論は、「共感」を基礎として語られるものであるらしい。ただ、これにはいろいろな批判が多いようだ。しかし、彼と親友であったとされるアダム・スミスの「道徳感情論」には、その批判への反論とも思える考察がしっかりと書かれているように思う。つまり、「道徳感情論」はヒュームの言説を補完する立場にあると言っても過言ではないと思う。別の本でも、ヒュームへの批判には、同じことを思ったので、この点における研究はあまりなされていないのではないか。
次に、ルソーの社会契約論が、アウグスティヌス⇒マルブランジュ⇒モンテスキューを経た、キリスト教神学の流れの中にあるという記述があった。ライリーという人の説らしいのだが、興味深く感じた。
最後、ロールズは今回初めて知ったのだが、確かに、古典と言うべき政治思想の理論より、現代の人情に即した理論が展開されていると思った。ベトナム反戦の流れでも、広く読まれたという主著の「正義論」は読んでみたい。

 

hiratakeigo.hatenablog.com

 

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。