平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

昭和天皇 側近たちの戦争 (歴史文化ライブラリー)吉川弘文館 を読んで

読みやすくていい本だったと思う。
内容としてはタイトルの通りに、天皇側近を中心にして、大正末期から太平洋戦争終戦までの歴史を描いた本。

 

戦前の立ち位置不明な政治機関

昭和史について本を読んでいると、現代の常識や感覚で測りかねるのに、当時重きをなしていたと思われる政治機関がいくつかある。
その中でも特に際立っているのが、天皇(側近)・元老・枢密院だ。軍や統帥部は現代にはないけど、何となく役割や影響力をイメージできる。けれど、先に挙げた三つの機関だけは、やっぱりイメージが湧いてこない。
しかし、この本を読むと、少なくとも、天皇と元老の政治的立ち位置や、役割というものが分かってくる。

 

天皇と側近

まず、この本のタイトルにもなっている側近であるが、重役は三人いる。天皇の秘書官である内大臣、宮中を取り仕切る宮内相、天皇の身の回りの世話をする侍従長である。発言力などの強さも、今挙げた通りの順番である。特に、内大臣は「輔弼(ほひつ)」の職務を負っており、結構影響力の強い立場である。

 

元老

次に、元老であるが、これは明治維新の元勲であり、この本ではほぼ西園寺公望のみしか出てこない。元老は政治的影響力がそれなりにはあるのだけど、職務はない。会社で言えば相談役や会長という立ち位置である。ただ、内閣総辞職や、首相の選定、組閣人事についてはかなり強い影響力というか、ほぼ決定権を持っており、この元老が取りまとめた発案を天皇に伝えるのが内大臣の役目ということになる。天皇はこの内大臣の言葉を元に、実質は形上ということになるのだけど、組閣の大命を下す。

 

戦争への道

戦争への道という関わりで言うと、天皇も側近も元老も、ほぼ一貫して欧米協調路線で外交重視派であった。しかし、何か狂い出すのは、やはり時期的に二・二六事件の前後ということになる。この時に、昭和天皇摂政の時から近く仕えていた牧野内大臣が辞職を余儀なくされる。牧野内大臣は、側近を取りまとめて、かなり緊密な連携を築いていたし、よくやっていたと思われる。だが、世間の批判の矛先が、牧野ら側近に向いてしまったのだ。このとき、二・二六事件を起こした人々や世間の心理状態としては、「我らの天皇英米協調などという軟弱な考えのはずがない。これは側近や重臣が天皇をそそのかしているのだ」という、まさに、認知不協和状態であったと言える。

こうして、側近人事は一新されるのだけど、この後に側近の連携は崩れ、しかも、組閣人事も軍部に配慮したものにせざるを得ないというような糞詰まりに陥っていく。しかし、そのような状況を打破して、英米協調、枢軸決裂に向かおうと、側近や元老が手を尽くすが、これもうまくいかない。

 

天皇は政治利用されなかった

とはいえ、このうまくいかなかった一因には、天皇を政治利用しなかったという側面もあった。なぜなら、もし仮に、天皇が御前会議を開き、あるいは下命し、協調路線を打ち出したにも関わらず、それが失敗した場合には、天皇の権威失墜という取り返しのつかない事態が待っていたからである。側近、重臣らとしては、天皇の意志を曲げることになったとしても「とにかく天皇を守り通す」という心理があったのである。現在に象徴天皇制が続いているのも、この時の重臣や側近らの配慮があったからだとは思う。いずれにせよ、二・二六事件後から終戦までの昭和天皇のお気持ちを慮れば、「さぞかしおつらかったんだろうなぁ」としか言えない。

 

人が悪いのか時代が悪いのか

最後、この本は、側近に焦点を当てて書かれた本なので、その点から、全体をまとめて言えることは、時代が悪かったから側近や重臣の質も落ちたのか、あるいは、側近や重臣の質が落ちたから世の中が悪くなったのか、ということである。側近で言えば、牧野内大臣の後任者は明らかに役不足であったし、二度も首相を勤めた重臣の近衛文麿も、大人物とはとても言えない。行動に一貫性が感じられず、信念がほぼ見えないからだ。
人が悪くなるから全て悪くなるのか、全てが悪いから人も悪くなるのか。卵が先か鶏が先か。卵を食べれば鶏は生まれなかったのか。智者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ、とありたいものである。

 

昭和天皇 側近たちの戦争 (歴史文化ライブラリー)をアマゾンで入手

 

hiratakeigo.hatenablog.com

『昭和史講義: 最新研究で見る戦争への道 』(ちくま新書) を読んで

タイトルの通り、昭和初期から戦後間もなくまでの日本史を扱った本。
2015年7月時点での「最新研究」をもとにした、それぞれの専門分野を研究している方の15の講義が収録されている。さすがに最新研究と言うだけあって、難しい部類に入ると思う。

この本の意義

ところで、なぜ、この本の刊行に当たり、そんな15人もの研究者が必要だったのか。まずは、このことについて、この本のまえがきから、要約も交えながら引用する。

以下要約も含めた引用、引用で重要な部分は「〜〜」とする。

昭和史と一口に言っても、最近の研究は専門特化、さらに細分化に進んでおり、同じ昭和史研究をしている研究者の中でさえも、違う歴史認識を持っているということがよくある。また、2000年頃を境に、戦後五十年という節目を過ぎたことや、外交問題が発生してきたことにより、昭和史についての関心が高まりつつある。
このような流れの中で、「不正確な一般向けの昭和史本が横行し始めた。」研究者ですら、歴史認識を共有していないのに、そうでない人が認識を共有するのは難しいかもしれない。しかし、その惨状は、「俗説や伝承が何のチェックもなく横行する」ほどであり、このような状況に、「一々批判していたら時間がいくらあっても足りない有様」というのが実情である。
こういった中で、このような本を刊行することで、「複眼的思考のできるバランス感覚豊かな国民による次の時代の日本の歴史を作る」ことに幾分かはつながるだろう。

引用終わり

 

歴史著述は分類化という点で非常に難しい

幸いにして、私は今までに、昭和史に関する本を詳しく読んだことがなく、この本の内容が、どれほど「俗説や伝承の類」と相違があるのかは分からない。ただ、思ったことは、やはり歴史は複雑で難しいということであった。

この本の内部だけでも、外交史(さらに、対中国、対枢軸、対欧米、対国連の各史に分類される)・政治運動史・政局史・中国史満州史・経済史・財政史・占領史などなど。
というように、とにかく細かく分類しなければ、煩雑な歴史を、そもそも整理することができない。しかし、そのように分類すると、各分野の関連がどうしても手薄になり、同時に起こったことなのに、別のことのように著述するしかなくなってしまう。すると、当然に「複眼的思考」はできなくなってしまう。しかし、「複眼的思考」をしなければ、歴史の謎は解けない。

そういった意味でも、「通史」を著述することは非常に難しく、先日読んだ『日本近代史』 (ちくま新書)がいかによくできた本かと感心した。しかしながら、そのような「バランス感覚のある複眼的思考」が誰にでもできるはずはなく、「歴史のストーリー化」が起こる。だから、歴史著述の本は「作家」という業種の人に向いている。しかし、先のまえがきの引用にもあるように、この「作家」による「歴史著述」の危険性は明白である。図書館で作家らしき人の「お手軽な歴史本」を手に取らず、こっちを手に取ってよかったなぁと改めて思う次第である。

 

なぜ日本は第2次大戦に進んだのか

次に、あくまでもこれは、この本を読んでの私の意見であるのだけど、なんだかんだで、日本が戦争に向かった理由は、このようなものであると思う。ただし、当然、ここには分かりやすくするためのストーリー化はあるが、これはご容赦いただきたい。

やはり日本が第2次大戦に突入してしまったのは、陸軍の暴走が一番の原因であると思う。しかし、陸軍を暴走させたのにも理由がある。このことに関する一般的な大勢の意見は、明治憲法統帥権ということになるだろう。

だが、私の意見は違う。陸軍を暴走させたのは、大衆、つまり、「日本国民自身」なのだ。
というのも、ある影響力を持った歴史的人物の動きや発言を追っていくと、どこかで急に態度を妥協して戦争に向かうという「機転」がある。この「機転」に大きく関与しているのが、どう考えても「世論」や「世の雰囲気」でしかないのだ。これは、歴史資料をどのように追ったところで、「証拠」として立件できるものではない。しかし、この雰囲気というものが、重要な決定にかなりの影響力を持っていることは、自分の人生を振り返ってみれば、誰でも分かることである。

例えば、陸軍の暴走にもこういった背景がある。つまり、第一次世界大戦が終わり、平和ムードとなると、軍人はかなりないがしろにされていたらしい。「あんな悲惨な戦争の後に、軍人なんていらない」という認識が世の中に蔓延していたのだ。このため、軍服を着て街を歩くと、後ろ指をさされて笑われることもあったとか。

軍人としては文字通り命をかけ、有事に備えてお国を守っているというのに、このような扱いを受け、何も怨まないでおけようか。そんな聖人君子などほとんどいないのだ。恐らく、こういった軍人たちの「怨み」が、後の「陸軍の暴走」につながった一番の理由であろうと思う。統帥権うんぬんかんぬんは、二の次のことでしかない。

 

荀子には、「治人有りて治法なし」(この人が治めれば必ずうまくいくという治人はいるが、この法があるからといって必ずうまくいくという治法はない) とある。


法整備などの努力ももちろん必要だが、それ以上に国民の「複眼的でバランス感覚ある考え方」が最も重要なのだろうと思った。
今の世を見ると、極端な意見ばかりが目に入ってきて、実に先が思いやられる。

 

その他気づいたこと

あと、最後、この本の構成として15「講」から成っており、書いている人も全員違う。私では研究の優劣までは評価できないけれど、少なくとも、文章の巧拙はかなり目立って感じられた。中でも、この本の編者の方が担当されている、二・二六事件の部分は、かなり読みやすく、出来事の著述方法も整理されていると思った。「自分の担当は一部」と思うと、人は誰でも手を抜きがちである。だがむしろ、「比べられる」という戒慎を優先すべきなのだろうなぁと思った。そういった機会があったら気をつけたい。

 

昭和史講義をアマゾンで手に入れ最新研究による自分の昭和史を探す

 

hiratakeigo.hatenablog.com

あけましておめでとうございます「謹歩結一」

f:id:hiratakeigo:20180101151018j:plain

 

あけましておめでとうございます。

 

今年の抱負は、「謹歩結一」としました。

「謹(つつしみ)み歩んで一に結ぶ」です。

 

出典は、『荀子』の勧学第一と修身第二です。

 

まず、修身第二には、「蹞歩(きほ)して止まざれば跛鼈(はべつ)も千里」とあります。

訳は、「半歩に及ばない稚拙な歩みでも、歩みさえ止めなければ、亀ですら千里の遠きに至る」となります。

自分の未熟を知り、また人の身の限度を知り、そうであっても歩みを止めない、またそうすることで、聖人君子という仁の頂きにも至る、これが、前後の文脈も含めた意味となります。

ここから、「蹞歩」を取ったのですが、「蹞」は常用漢字でないので、これを意味の近い「僅(わずか)」とし、さらに、音の通じる「謹(慎重に、大事に)」に変えました。

ですので、「謹(つつし)み歩む」の裏の意味として、「僅(わず)かに歩むも」という意味も兼ね備えております。

これが、前半の「謹歩」です。

 

次に、「結一」ですが、これは勧学第一の「君子は一に結ぶなり(君子に無駄な歩みはなく、全てを一、つまり自身の理想につなげるのだ)」から取りました。

これは、今年が平成という元号の実質的な最後の一年になるためです。

また、人の世の世代交代は、三十年サイクルとされており、この三十年サイクルを一世と言います。

今年、平成三十年は、一世代の終わりという意味でも、まさに「結一」に相応しい年と言えるでしょう。

 

私は昭和生まれですので、平成を三十年間生きたという意味でも、「謹歩結一」と言える一年にしたいと思っております。

 

本年もよろしくお願いします^^

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。