平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

お知らせなど

お知らせなど

売上部数通算2000部突破!

ありがとうございます!

※2017年4月

 

新発売 100円に値下げ

西郷隆盛の貴重な自著とされる『遺訓』の現代語訳を2/19より販売開始いたしました。

『遺訓 現代語訳』は、平易な訳文と丁寧な解説で、わかりやすいものとなっております。どうぞよろしくお願いします。

遺訓 現代語訳 Kindle版

遺訓 現代語訳 Google Play版

 

 易経一日一言

非常に難解な書物として知られる「易経」の考え方を、毎日分かりやすい言葉で発信しております。読者登録、フォローよろしくお願いします。

アメブロ 平田圭吾の易経一日一言

ツイッター 漢籍名言@kann_seki

 

作品のお買上げはこちらから 

お使いの電子書籍ソフトに合わせて下記のリンクをクリックしてください。

Amazon Kindle

Google Play Books

現在は電子書籍のみ販売しております。電子書籍をご利用でない方は、こちらの記事を御覧ください。全部無料で試せますので、便利かどうかは、試してみて考えるのが一番です。

電子書籍の読み方 1.電子書籍とは? - 平田 圭吾のページ

 

いろいろな本の紹介

ブログ内記事充実のために、近所の図書館で借りてきて読んだ本を紹介することにしました。

分野は多岐に渡りますが、小説は基本なしです。

本の中身をある程度要約して紹介しますので、読んでみたいという本が見つかるかもしれません。

また、新しい知識や価値観との出会いをお手伝いできればと思っております。

本の紹介記事 まとめ - 平田 圭吾のページ

 

お問い合わせご要望はこちらまで

読みたいけど翻訳が手に入らない古典や、新たに翻訳して欲しいタイトルがありましたら、お気軽にリクエストください。参考にさせて頂きます。リクエストから翻訳したものとしては『曹操詩集』 があります。

その他のご要望なども、お気軽によろしくお願いします。

メールアドレスは、keigossa☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)です。

 

平田圭吾について

「こいつ何者だ」と思われる方もいらっしゃるかと思います。 人となりなどは、著作から読み取っていただければ幸いです。

また、簡単に経緯について記事にしました。

hiratakeigo.hatenablog.com

『社会契約論: ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』 (ちくま新書)を読んで

タイトルに「入門」を付けていると良かったと思う。
あと、エッセイみたいな本で、基本的には読みやすい本だった。
というのも、普通こういったタイトルの本では、引用をふんだんに使って自分の意見は暗喩的に示すのが普通だからである。つまり、この本は、引用が少なく、著者の日常が織り交ざったエッセイみたいな文章が展開される。

女性らしいエッセイみたいな記述

このように書くと、批判のようにも聞こえるだろうが、これは悪い評価ではない。むしろ、女性らしい視点、女性らしい文章構成が感じられて、そういった意味では興味深いし、こういったタイトルの本はあまり読まない女性でも、わりと入りやすい本と思う。また女性らしいという点では、「ひらがなてんかい」などという小賢しい技法を用いる本よりも、はるかに女性らしさが出ていると言えるだろう。あとかがきによると、これは編集者の助力のもと、意図的にそうしたとのことで評価できる。

裏表紙の著者近影は、「人造人間」というTシャツを着た著者が、満面の笑みを浮かべたものとなっている。このことに疑問や反感を感じる人は、読まないことをオススメしたい。むしろ、それが気になる人は、読めば気に入るかもしれない。ちなみに、私はこの写真に疑問を感じたのだが、私がもう少し寛大でなく忍耐のない人間だったら、途中で読むのをやめていたと思う。
とはいえ、読み終わってみれば、分かりやすく「社会契約論」がまとめられて、全体的な印象は悪くない。
ただ、社会契約論の説明だけで終わってしまっていて、全体を通して、著者の意見が伝わってこなかった。せっかくエッセイみたいな文章構成にしたのだから、全体を通して、自分の意見、もしくは、読者と社会契約論を直接的に結びつけるような記述が、もっと織り交ぜられているとさらに良かったと思う。

 

個人的な見解

内容としては、タイトルの通り、ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズの「社会契約論」が語られる。以下、個人的に面白そうだなと思った部分を書き留めておく。
ヒュームの社会契約論は、「共感」を基礎として語られるものであるらしい。ただ、これにはいろいろな批判が多いようだ。しかし、彼と親友であったとされるアダム・スミスの「道徳感情論」には、その批判への反論とも思える考察がしっかりと書かれているように思う。つまり、「道徳感情論」はヒュームの言説を補完する立場にあると言っても過言ではないと思う。別の本でも、ヒュームへの批判には、同じことを思ったので、この点における研究はあまりなされていないのではないか。
次に、ルソーの社会契約論が、アウグスティヌス⇒マルブランジュ⇒モンテスキューを経た、キリスト教神学の流れの中にあるという記述があった。ライリーという人の説らしいのだが、興味深く感じた。
最後、ロールズは今回初めて知ったのだが、確かに、古典と言うべき政治思想の理論より、現代の人情に即した理論が展開されていると思った。ベトナム反戦の流れでも、広く読まれたという主著の「正義論」は読んでみたい。

 

hiratakeigo.hatenablog.com

 

 

『ユダヤ人に学ぶ危機管理 』(PHP新書)を読んで

良い本だった。

旧約聖書を読んでいるとかなり興味深く読めると思う。

本の内容としては、ユダヤマニア(なぜかユダヤが好きな人)と思われる著者が、超危険な現地に乗り込んでユダヤ人と交流し、その他の歴史的な戦場を巡り、その体験をもとに、そこでの観察や分析などを本にしたものであった。

もと自衛官ということもあり、そういった非常時の対応に興味があったのかもしれないとも思われる。

ユダヤの歴史と旧約聖書

前半の二章、ユダヤ人はなぜ生き延びることができたのか、と、聖書は危機管理の参考書、では、ユダヤの歴史がダイジェスト的に語られていく。

ユダヤの歴史はまさに離散と迫害の歴史であり、バビロン捕囚、ローマによる征服など、普通なら国も民族も無くなっていて全くおかしくない歴史である。それにも関わらず、近代になってユダヤ民族による国家建設が叶ったのは、ユダヤ教というその特異なものにあったとして間違いなかろう。民族とは何か、国家とは何か、ということを考える上でも、ユダヤ民族の研究はかなり有意義なものであると思う。

また、ユダヤ教の基本とされる、トーラーやタルムードの成立時期は、恐らくバビロン捕囚時と、ローマによる征服時とのことである。ここで、これらの書物の編纂は、自然発生的に起こったとのことであり、このことを分かっていて旧約聖書を読むと、あるいは、旧約をある程度読んでからこれを知ると、非常に興味深い。

あくまでも、私の考えであるが、旧約聖書には、意図時に、民族の維持に関する知恵というか、方法が組み込まれているだと思う。国土を奪われた民族が「約束の地」を具体的に明記し、また、その歴史でも「放浪を余儀なくされ」、「選民でありながらも苦難を受け続ける」も、約束の地にたどり着く。確実に分かっているだけの歴史事実と、そうでない先史の部分に非常な共通点があるのだ。

このような意見を述べると、「ならばモーセの時代などは全てフィクションなのか」という話などが出てくるのであるが、これはもっとニュートラルに考えるべき問題であると思う。だから、旧約の先史部分は、半分事実、半分フィクションというのが実際であると思う。

というのも、これは、中国の周にも言えることで、紀元前1000年、つまり3000年前に、あの広大な中国を統一した周という国家があったのかということ、また、書経などに伝わっていることが事実かどうかは、かなり疑問視される部分である。しかし、その後の春秋戦国時代には、事実として、周が盟主として担がれる歴史的事実が幾度も起こっており、この点で、周が実在し、かなりの権威を持っていたことは事実なのである。

だから、ユダヤ民族も同じであり、歴史的に実証され、分かっているダビデの時代以前から、割礼を施したり安息日を遵守するような習慣、立法を重視するような習慣は、あったわけであり、モーセという指導者がいて、ユダヤ民族がエジプトなどから迫害を受けた。というところまでは、恐らく事実であろうということである。

人は黒白、あるいは白黒の考え方を好むものだけど、やはり事実は、グレーである場合が多い。

 

イスラエルの歴史と現状

この二章の次には、イスラエル建国後、あるいは建国当時のことが、もと自衛官らしく、またこの本のタイトル通り、危機管理の観点から述べられている。

3章新たな戦争の本質を見抜く、4章テロリズムに対する危機管理、5章イスラエル社会の危機管理と銘打たれているが、この通りの内容と思う。

ユダヤの歴史や、トーラー・タルムードとの関係を横断的に交えながら、近現代イスラエルについて書かれており、大変興味深い点も多かった。ひとつ特異な点として、イスラエルでは、ユダヤの教えを遵守して、「国家公認で、暗殺や復讐が肯定されている」ということは、著者の方も若干の疑問を感じているようである。

また、世の中には、イスラエルを無条件に批判する人や、逆に、イスラエルを無条件に肯定する人がいるが、これについては、どちらも考えが足りない判断と思う。

例えば、自分の今住んでいるところに、急に軍隊が入ってきて、「気に入らない」あるいは「邪魔」という理由だけで、家財や土地を全部奪うようなことが起きた場合に、どう思うのか?

これをリアルに実感しないと、この問題について考えることはできない。このようなことが自分の身に起きた場合、あるいは、自分の先祖に起きていることが確実である場合のことを考えれば、非常に難しい問題であることを実感できるはずである。

 

個人的なまとめ

ユダヤの歴史を一言で言うならば、「憂患に生じて安楽に死するを知る」(孟子)の一言に尽きるだろう。しかし、「智者の慮は利害を雑う」(孫子)ものである。国家と民族存続に、必要以上に拘泥した考えに、当然のように弊害が潜んでいることは、本来ならば、考えるまでもないことのはずである。

 

この本を入手してユダヤ人の危機管理を学ぶ

 

hiratakeigo.hatenablog.com

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。