平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

『学問のすすめ』現代語訳14 個人としては立派な人物なのに、組織になると愚者になる

四編2 一国の文明は独り政府の力をもって進むべきものに非ず

 最近の我が国の状況を察して、外国に劣っていると思われるものは、学術、商売、法律である。世界の文明は専らこの三者に関するもので、この三者が備わっていないようでは、国が独立の地位を得ていないことは識者でなくても分かることだ。しかし、現在わが国ではこのうちの一つも形すらできていない。

 

 政府が一新してから、政府の人間が力を尽くしていないというわけでもないし、その才力が稚拙であるというわけでもないのだけど、事を行おうとするのにどうしようもない原因があって思うようにいかないことが多い。その原因こそが国民の無智文盲、すなわちこれである。

 政府は既にこの原因を知って、しきりに学術を勧めて法律を議論し、商売のやり方を示すなど、あるいは人民に論説したりまたは自ら先例を示して、やれる限りのことをやってはいるのだけど、今日になってもいまだ実際の効果が現れず、政府は依然として専制の政府であり、人民は相変わらず無気力な愚民ばかりだ。

 そうとは言っても、少しは進歩したようなこともあるけれど、これに用いている力と費やすところの金とに比べてみると、その結果が伴っていないのが目に見えてわかるのはどうしてだろうか。それは、一国の文明が、政府の独力のみではなんとも進まないからである。

 

 このように言う人もあるかもしれない。政府はしばらくの間だけ、この愚民を制御するのに一時の術策を用いて、その智徳が進むのを待ってから、その後に国民自身が自ら文明の域に入るらせるようにすればいいのだと。この説は言うことはできるけれども行うことはできない。

 われらが日本全国の人民は、数千百年専制政治に苦しめられて、人々はその心に思うところのことを表に出すこともできなかった。欺いては安全を貪り、偽っては罪を逃れ、欺詐術策は人生必携の備えとなり、不誠不実は日常の習慣となり、これを恥だと思う者もなくこれが正しくないのではないかと疑う者もなく、一身の廉恥心は既に地上から消え尽きてしまった。このように、自分の身の恥の事すら忘れているのに、どうして国のことを考えるような余裕があるだろうか。

 そして、政府はこの悪い弊害をなんとかしようとしてますます威勢を張って、人民をおどしたり叱ったりして、無理に誠実にしようとし、かえってますます不信に導き、その状況はあたかも火で火を消そうとするような状況になっている。こうして遂には上下の間に大きな隔たりができてしまって、一種無形の気風と言うべきものができている。その気風はいわゆる「spirit(精神、魂)」であって、簡単にこれを動かすこともできない。

 最近になって政府の形は大きく改まったのであるけれども、以前からの専制抑圧の気風は今なお残っている。人民も権利をやや得たようではあるけれども、その卑屈不信の気風は依然として昔と何も変わっていない。

 この気風は無形無体で、簡単に一個人のこんな場面だと示すことはできないけれども、この気風の実力は相当に強いもので、世間全体のことがらに顕われていることを見れば、明らかにそれが空虚なものでないことを知ることができる。

 試みに、その一例を挙げてみよう。現在の政府には人物が少ないというわけではない。個人的にその人たちの言葉や行いを評価するに、ほとんど皆が判断力、行動力共に優れた知見も広い士君子であり、私はこれを非難することができないばかりか、その言行は慕うべきものでさえある。また別の方向から言えば、平民と言っても全て皆が皆、無気無力の愚民ばかりというわけでなく、万に一人は公明誠実の良民というべき人もいる。

 そうであるけれど、この士君子、政府にて政治を取り行うとなると、そのやり方は私にとってあまり感心できないものがとても多くて、また先の良民も、政府に接するとたちまちにその節操を屈してしまって、欺詐術策でもって政府の役人を欺き、そのことを恥じているような者はない。

 この士君子にしてこの政治を行い、この良民にしてこの卑怯な行いに出るのはどうしてだろうか。あたかも、一つの体に頭が二つあるかのようである。つまり、個人的な立場では智者と言えるのに、政府の一員となると愚者としか思えない。また、個々人として散開すると物事に明るいのに、集めると物事に暗くなる。政府というものとは智者が集まって、一人の愚かな人と同じ行いをするようなところと言える。どうして怪しまないでいられようか。

 つまるところ、こうなってしまう理由は、かの気風なるものに制せられてしまって、人々が自ずから一個人の考えを実行に移すことができないからではないか。明治維新以来、政府は、学術、法律、商売などを活発にしようとしているのに大した功績がないのも、その病の原因は恐らくここに在るであろう。

 こうして考えてみると、今一時の術を使ってその下民をうまく操り、その智徳が進むのを待つということは、威勢でもって人を文明に強いるようなことであるか、そうでなければ、欺いて善に帰そうという術策のどちらかということになる。

 政府が威勢を使えば人民も偽りでこれに応じて、政府が欺くやり方を使えば自民は表向きだけこれに従うようになる。これはとても上策と言うべきものではない。たとえその策がいくら巧みであっても、文明の事実に関しては益がないのは当然である。だから、世の文明を進めるためには、ただ政府の力のみに頼ってはならないのだ。

 

【解説】個人としては立派な人物なのに、組織になると愚者になる

 ここで福沢が言っていることは、「学術・商売・法律の発展は、政府のみの主導ではありえない。民間で問題意識が高まるような独立の気風が必要だ」ということになる。ここに言われていることは現代の感覚からすればピンと来ない。だが、それもそのはずで、ここで福沢が言っていることが、現代では自然に起きているからピンとこないのだ。

 というのも、政府が何らかの法律や方針を打ち出す際、その前にはほぼ必ず民間で問題意識が高まる時期がある。例えば、ヘイトスピーチ規制法であるが、SNSで差別発言による攻撃が激化し、かなり問題意識が高まることがあった。政府はこれに対応する形でヘイトスピーチ規制法を施行したに過ぎない。また、ハラスメント規制法もそうであるし、高齢者の運転免許の自主返納に関する法整備についても同じことが言える。商売、ビジネスのことは言うまでもなく、民間企業が新たな商売を次々と生み出している。

 ここで福沢が言うようなことは、現代ではクリアできているのだ。だからこそ、読んでもなにかピンと来ない。私自身、批判的なことを解説しなければ進歩はない、というような思い込みがあるために、現代の問題点を批判し、解決するような解説に徹してきた。しかし、ここは、明治初期と比べて日本に独立の気風が備わっていることを素直に喜びたい。

 ただ、途中に、「個人としては立派な人物なのに、組織になると愚者になる」という記述があった。この問題については、のちに心理学が発展したこと、ナチスドイツという失敗からの反省により、その仕組みが明らかとなっているので、この点については解説したい。

 まず、ナチスの失敗のうちでも最も有名なものは、ユダヤ人の大虐殺であり、悲劇の記憶アウシュビッツと言えよう。このアウシュビッツの総司令はアイヒマンという人であったが、このアイヒマンガス室での虐殺命令を出していた張本人であるにも関わらず、アウシュビッツに近づくことを異常なまでに嫌い、中から聞こえてくる悲鳴にもいちいち心を痛めていたということらしい。これは一般的な見解からすれば疑問の残ることだ。総司令が喜び勇んで虐殺を行っていたのではないかと。

 しかし、事実そうであるという記録が至る所に残っているのである。では、なぜそうなったのか。簡単に言ってしまえば、「赤信号みんなで渡れば怖くない」ということであったのだ。

 後に、「アイヒマン実験」という心理学実験が行われ、人は、権威付けされた上で「やっていい」と言われると、どんな悪事でもやってしまうことが明らかとなった。まさに、「個人としては立派な人物なのに、組織になると愚者になる」という良い事例だ。詳しくはここには書ききれないので、推薦書として社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)を紹介する。多岐にわたる社会と個人心理の関係、ここに福沢の言う「気風」の仕組みが、実にわかりやすく、また興味深く書かれている大変な良著である。とにかく面白いのでぜひとも手に取っていただきたい。

 

 

 

 f:id:hiratakeigo:20190525141312j:plain

 f:id:hiratakeigo:20190525235310j:plain

『学問のすすめ』現代語訳13 政権への一番の刺激は選挙

四編1 学者の職分を論ず

 最近、識者の意見をひそかに聞いていると、「今後の日本の盛衰は、人智では簡単には察することはできないとはいえ、今の独立の地位を失うような憂き目にあうことは到底ないであろう。また、このごろ目撃しているところの勢いによって進歩すれば、必ず文明盛大の域に至るであろう」とこれを問う者がある。

 あるいは、「この独立を保てるかどうかは、今から二、三十年経たなければ明らかにならず、知ることは困難である」と言って、これを疑う者もある。

 または、甚だしくこの国を蔑視している外国人の説だと、「とても日本の独立は危ういものだ」と言って、これを無理だと言う者がある。

 そもそも、私自身が人の説を聞いてそれを信じて望みを失ってしまうということではないけれども、結局のところ、この諸説があること自体が、私にとって独立を保てるかどうかについての疑問となる。 なぜならば、何も疑いのないところには疑問は起きないからだ。

 もしも今、イギリスに行って、イギリスの独立は保てるのかどうか尋ねてみれば、皆これを笑って答えもしないだろう。どうして答える者が居ないのか、それは疑っていないからである。

 そうであるならば、すなわち、わが日本の文明の有様は、今日と昨日を比べてみれば進歩しているようであるけれども、結局のところは一点の疑いもないとは言えないことになる。かりそめにも日本に生まれて日本人の名がある者にとって、これは心もとないことと言えるのではないか。

 今、私もこの国に生まれて日本人の名があり、また、既にその名があるのなら、また各々その分を明らかにして、尽くさないところがないようにしなければならない。もとより政治に関わることに関しては政府の人に任せられてはいるけれど、社会が運営されていくためには政府の関わらないようなこともまた多いのだ。

 だから、一国の全体を整理するには、人民と政府とが両立してはじめて成功できるのであり、われわれは国民たる分限を尽くし、政府は政府たる分限を尽くし、互いに助け合い、そうして全国の独立を維持しなければならない。

 

 何かを維持するためには力の平均というものが必要である。たとえば、人の体のようなものだ。体を健康に保とうと思うと、食べたり飲んだりしないとならないし、空気と太陽の光が必要であるし、暑い寒い痛いかゆいというような外からの刺激があって、内からこれに応じ、そうしてはじめて体の働きを調和できるものだ。今、この外からの刺激を感じなくして、ただ生力の働くままに放っておくのならば、寒くても厚着せず、暑くても薄着せず、健康は一日も保つことができない。

 国もこれと同じであるのだ。というのも、政治というものは一国の働きである。この働きを調和して国の独立を保とうとするのならば、内に政府の力があり、外に人民の力があり、内外が相応じてその力を平均させなければならない。

 だから政府は生力のようなもので、人民は外物の刺激のようなものだ。もしも、この刺激を無くしてしまって、ただ政府の働くところの任すままにして放っておいたら、国の独立は一日も保つことができない。

 かりそめにも、人の身で知ることのできる道理を明らかにし、その道理によって一国経済の議論に施すことを知っている者は、この力の平均の理を疑うことのないようにしなければならない。

 

【解説】 白紙投票は現政権・現職への追認にしかならない

  ここに福沢が言っているのは、外からの刺激がなければ何も変化はないということだ。上にも例えがあるように、人は暑くなければ薄着にはならないし、寒くなければ厚着にはならない。政府も国民からの刺激がなければ、「このままでいいんだ」ということで何も変化しない。

 ただひとつ現代と違うこととして、当時は、まだ選挙制度すらなかったことがある。だから、政府に刺激を与えようとすれば、穏当な手段でも、政府に出向いて建白書を出すとか、新聞や雑誌で広く政府を批判するなど、現代でも非常にエネルギーが必要な行動をするしかなかった。しかし、現代では選挙がある。

 いかな国会議員の大先生でも、選挙で落ちればただの人。これ以上の刺激があるだろうか。政治家にとって「選挙で向こうに投票された」ということほど大きな刺激はない。だから、正直なところ、デモも批判も痛くない、選挙で落ちることさえなければあとはいい、極論すればこういったことなのだ。

 それなのに、そういった行動がカッコいいと思っているのか、一時期、選挙で白票を投ずると表明していた「知識人(笑)」がいた。また、そういった行動は確かに普通ではないから、「どちらも選択しないという選択をした」という意味でも、優越感を味わえるのかもしれない。しかし、それは何の意味もなさない。政治家は選挙で落とさなければ分からない。白票も棄権も、政治家からしてみれば、「向こうに投票されなくて良かった」という、ただこの一事なのだ。

 特に現在では、衆議院選は小選挙区制度となり、同一選挙区内で当選する人は一人となった。つまり、向こうが勝てばこちらが負けて、こちらが負ければ向こうが勝つということだ。このような状況で、白票や棄権が多くなったらどうなるのか。当然に、地盤・看板・かばん(かばんは選挙資金のこと)の三バンを持っている現職が勝つに決まっている。

 だから、「今に不満がある」という人は、必ず野党に投票しなければならないし、「今のままがいい」という人は、必ず与党に投票しなければならない。投票は二者択一であり、「どちらでもない」という選択はあり得ない。白票も棄権も全くかっこよくないし、優柔不断の産物、全く意味のないものである。

 今ここで、選挙制度について触れたのだが、そもそも、「票をたくさん得たほうが勝つ」という今の選挙制度自体に疑問のある方もあるかもしれない。つまり、選挙という多数決では、必ず少数派の意見が黙殺されるし、接戦で一票差しかなくても、負けたほうの意見はゼロということになってしまうからだ。この「多数決」に疑問を持たれる方には、ぜひとも多数決を疑う――社会的選択理論とは何か (岩波新書)を読んでいただきたい。いろいろな決の取り方が書かれており、投票の集計方法という意味で純粋に興味深い。自分が投票を主宰して決を採るということになったときには、必ず役に立つだろう。

 

 

 

 f:id:hiratakeigo:20190525141312j:plain

 f:id:hiratakeigo:20190525235310j:plain

『学問のすすめ』現代語訳12 虎の威を借る狐ーー国民の主権を盗む政治家

三編4 第三条 独立の気力がない者は、人に頼んで悪事をすることがある。

 旧幕府の時代には名目金と言って、御三家と言われる権威の強い大名の名目を借りて金を貸し、随分無理な取引をしていたこともあった。このことは甚だにくむべきことである。自分の金を貸して返さない者があるのなら、再三再四力を尽くして政府に訴えるべきだ。そうであるのに、この政府の名目ばかりを恐れて訴えることを知らず、訴えによって金を返してもらうばかりか、汚くも他人の名目を借り、あるいは暴威を後ろ盾にして返金を促すとはなんとも卑怯なやり方ではないか。

 現在、名目金のことは聞かないけれども、外国人の名目を借りている者がいるのではないか。わたしはまだその確証を得たことがないので、それをここに論ずることはできないけれども、今までのことを思うと、こういったことが現在あっても何もおかしいことはない。

 この後、万一にも外国人と雑居するようなことがあった場合、その名目を借りて悪だくみをするような者があったのならば、国の災いは実に言うまでもないことである。だから、国民に独立の気力がないのは便利だからといって、油断をしてはならない。災いは思わぬところに起こるものだ。国民に独立の気力がいよいよ少なければ、国を売るという災いもまた従ってますます大きくなるというものだ。すなわち、この第三条に言った、人に依頼して悪事をするとはこのことである。

 

 これらの三カ条(1.独立の気力がない者は国を思うことも親切でない、2.内で独立していなければ外にも独立できない、3.独立の気力がないと人に頼んで悪事をする)に言うところは、全部、人民に独立の心が無いことによって生じる災害である。いやしくも今の世に生まれて愛国の思いがある者は、公私を問わず、まず自分の独立を考え、余力があったら他人の独立を助けるべきである。

 父兄は子弟に独立を教え、教師は生徒に独立を勧め、士農工商みなともに独立して国を守ならなければならない。概してこれを言えば、誰かを束縛してひとり自分で心配していることは、人を放って一緒に苦楽を共にすることに及ばないのだ。
(明治六年 十二月出版)

 

【解説】虎の威を借る狐 ーー国民の主権を盗む政治家

 ここに言うことは、一言で言えば、虎の威を借る狐のことである。現在では、反社会的勢力の排除も進み、そういった話はかなり聞かなくなったが、 ○○組(暴力団の名前)と言えば、自分が強くなったような気がするのか、気にくわないことがあると、「オレの知り合いには○○組の人間がいる」などと、ハッタリを言って人にマウンティングしようとする人が多くいた。現在でも、学生ならば、「○○中学(高校)の○○(有名な不良)に言うぞ」とかいう話はあるのだろうか。

 いずれにせよ、こういったことを言う人間は、「自分が弱い」と内心では分かっているから、強いと思われている人の名を出すのであり、こういったことを言った時点で、「自分は(単体では)弱いです」と白状しているようなものなのだ。このような人間が「他によりすがることのない独立の気力」を少しでも持ち合わせているだろうか。持ち合わせているはずがない、最初から自分の力を頼みとせず、人の力によりすがっている。

 福沢は、このような「虎の威を借る狐」が、国に害をもたらす、とここで主張しているが、実にそうである。「虎の威を借りる」というその行為は、まさに盗みであるからだ。自分が弱いのに、強いものの力を勝手に借りようとするならば、「勝手に持っていく」という点において、これはまさに盗みとしか言えない行為である。ところで、ここで盗みをはたらく者は、あちらでも必ず盗む。盗みを好むずるい人間は、「バレないだろう」「自分に害が及ばないだろう」と思うと、どこででも盗む。まさに隙あらば盗む。このように盗む人間が増えれば、それは必ずや一国の患いとなるだろう。

 また、「虎の威を借りて”権力”を盗む」という意味では、政治家が国民の主権を盗むような事態、分かりやすい例ではナチスドイツや、プーチンロシアのような状態、も十分考えられるだろう。あからさまにするなら「自分たちは選挙で選ばれたのだから何をしてもいい」ということであるのだが、それではすぐにバレてしまう。だから、現代における主権の盗み方は巧妙かつ複雑だ。相手の手の内を知らなければ盗まれていると気付けない部分もある。このため、そういった手の内を知る手段として、その実例がたくさん書かれている『韓非子』を紹介したい。もちろん、歴史上のことであるから結果も出ている。

 ここで、『韓非子』を読む際に、主権者である君主を、現在は民主主義であるから、「君主=国民の大多数」と、ほぼそのまま置き換えて考えていただければ、必ずやこの「権力を盗む」ということに関して、興味深く考えていただけるだろう。そもそも韓非子は、歴史の読み物としても大変面白く、文体としても名文としか言えない美しいものとなっている。確かに少し難しいが、下手な歴史書歴史小説を読むよりは、はるかに有意義な時間を過ごせることは間違いない。ここには推薦書として、岩波文庫の全訳(全四巻)を紹介しておく、これを機会にぜひとも読まれたい。

 

   

 

 f:id:hiratakeigo:20190525141312j:plain

 f:id:hiratakeigo:20190525235310j:plain

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。