読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

翻訳本 司馬法 少しずつ公開1 「はじめに」

武経七書

例によって、電子書籍では前半の10%までサンプルとしてダウンロードできますので、その部分を公開します。

 

はじめに

 この『司馬法』は、『兵法武経七書』として古くから日本でも親しまれております。徳川家康織田信長をはじめとした戦国時代の英雄たちも、また、吉田松陰坂本龍馬西郷隆盛をはじめとした明治維新の英雄たちも、この『司馬法』に一度は目を通したことがあるでしょう。

 また、三国志で有名な曹操の著書、『魏武帝孫子』にもこの『司馬法』からの引用が多く、当時、この『司馬法』が非常に権威のある有名な書物であったことが伺えます。

 現在、日本では、憲法九条と関連して、武力の是非に関することへの関心が高まっております。この中で、この『司馬法』を読むことは、非常に意義のあることと言ってよろしいでしょう。

 というのも、この『司馬法』は、他の兵法書と違い、「なぜ戦争をするのか」というところから始まっているからです。兵法書でありながら「戦争の是非」「武力の是非」を問うこの姿勢は、『司馬法』独特のものと言えます。これは裏を返せば、二千年以上も前から、今と同じ議論がされているということでもあります。遠く昔の議論を振り返り、この永遠のテーマについて考えてみることは、決して無駄なことではありません。

 後半からは、戦術に関する記述や組織論もあり、文字通り「兵法書」として、その名に違わぬ内容となっております。成立年代や書いてある内容から察するに、『孫子』の原型となったような記述も散見され、非常に興味深い内容となっております。

 さて、この『司馬法』の著者は、紀元前500年ころに活躍したとされる司馬穰苴(じょうしょ)という人物です。本名は田穰苴(でんじょうしょ)ですが、軍務全般を司る大司馬という役職に任命されたことから、一般に司馬穰苴と呼ばれております。詳しくは、付録として、『史記』から司馬穰苴列伝を抜粋し、巻末に現代語訳を付しましたので、こちらをご参照ください。

 また、『司馬法』の成立については異説も多いのですが、私なりの考えが関連年表とともに巻末に付してあります。こちらを参考にしていただければと思います。

 

ご購入はこちら

司馬法: 兵法 武経七書 Kindle版

司馬法: 兵法 武経七書 Google Play版

 

今はこの記事⇒翻訳本 司馬法 少しずつ公開1 「はじめに」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 司馬法 少しずつ紹介2 「なぜ戦うのか」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 司馬法 少しずつ紹介3 「戦の五徳」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 司馬法 少しずつ紹介4 「人を愛して戦を忘れず」 - 平田 圭吾のページ

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。