平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

翻訳本 司馬法 少しずつ紹介2 「なぜ戦うのか」

《なぜ戦うのか》

 

◆書き下し文◆

古(いにしえ)の者は、仁(じん)を以(も)て本(もと)と為(な)し、義を以て之(これ)を治む。之を正と謂う。

正にて意を獲(え)ざれば則(すなわ)ち権(はか)る。権るは戦いに出るも、中人(ちゅうじん)に出(い)でず。

是(こ)の故(ゆえ)に、人を殺し人を安んずるに、之を殺すも可なり。其(そ)の国を攻め其の民(たみ)を愛するに、之を攻めるも可なり。戦以て戦の止(や)めば、戦うといえども可なり。

 

◆現代語訳◆

 古の者は、仁を根本として、義によって国を治めていた。これを正と言う。

 このように正を行っていても(自身の未熟や周りの環境によって)思い通りにいかなくなれば、はかりごとを(して無理矢理に自分の思いを通そうと)する。はかりごとをするということは、戦いという手段に出ることはあっても、(所詮は、聖人や君子といった聡明な者が用いる手段でなく)並以下の人のやり方である。

 このために、人を殺すことによって人を安んずる。だから、これを殺してもいいのである。その国を攻めて(圧政から人々を開放し)その民衆を愛する。だから、これを攻めてもよいのである。戦いによって戦いが終わる。だから、戦うという手段を用いてもよいのである。

 

◆解説◆

 魏武帝孫子序で曹操は、この『司馬法』からの引用として、「人は故(もとより)人を殺す、之を殺すも可なり。(人はそもそも人を殺すものである。だから、人を殺してもよい)」としている。

 戦いをして、人という同族同士で殺し合い傷つけ合うことは、いつの時代も忌(い)み嫌われることである。

 しかし、どれだけ教育を施(ほどこ)しても、人を殺してでも自分の我を通そうとする「中人に出(い)でざる者」はいつの時代もいるのである。

 こういった人から、自分と自分の愛する者、引いては多くの人々を守るためには、戦うしかない。相手が、不幸にも戦いという手段を選んでしまっている以上は、こちらも戦うしかないのだ。戦うという手段は下劣であり、使うべきものでないが、それでも使わなければならない。だから兵や力がある。

 兵や力をやむを得ず用いるという考え方は、兵法の基本である。この基本のない人、つまり、仁という根本が無く、義を無視する人には、そもそも兵法を理解することすらできない。ましてや、兵法を役立てることなどは、無論できるはずもない。

  

ご購入はこちら

司馬法: 兵法 武経七書 Kindle版

司馬法: 兵法 武経七書 Google Play版

 

翻訳本 司馬法 少しずつ公開1 「はじめに」 - 平田 圭吾のページ

今はこの記事⇒翻訳本 司馬法 少しずつ紹介2 「なぜ戦うのか」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 司馬法 少しずつ紹介3 「戦の五徳」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 司馬法 少しずつ紹介4 「人を愛して戦を忘れず」 - 平田 圭吾のページ

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。