読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

翻訳本 司馬法 少しずつ紹介4 「人を愛して戦を忘れず」

《民を愛す》

 

◆書き下し文◆

内に愛を得るは、守る所以(ゆえん)なり。外に威を得るは、戦う所以なり。

戦の道、時を違わず、民の病を歴(へ)ざるは、吾が民を愛する所以なり。喪(も)を加えず、凶に因(よ)らざるは、夫(そ)れ其(そ)の民を愛する所以なり。冬夏(とうか)に師(いくさ)を興(おこ)さざるは、民を兼愛する所以なり。

 

◆現代語訳◆

 内に愛があるから守るのである。外に国威を示すために戦うのである。

 戦いで拠(よ)り所とする道が、時期に違うことなく、民が病とならないようにするのは、我が国民を愛しているからである。死者の弔(とむら)いを多くしないようにし、不吉なことに関わらないようにするのは、これ、その国の民衆を愛しているからである。冬と夏に軍隊を編成しないのは、(自国と敵国、双方の)民衆を兼ね愛しているからである。

 

《戦は好まず忘れず》

 

◆書き下し文◆

故(ゆえ)に、国は大といえども、戦を好めば必ず亡ぶ。天下は安しといえども、戦を忘るれば必ず危うし。

天下既(すで)に平らかにして、天子は大いに愷(やわ)らぐも、春に蒐(あつ)め秋に獮(かり)し、諸侯は春に振旅(しんりょ)し秋に兵を治むるは、戦を忘れざる所以(ゆえん)なり。

 

◆現代語訳◆

 たとえ大国であっても、戦を好んで戦争ばかりしていれば必ず亡んでしまうこととなる。たとえ天下に争いがなく安泰であったとしても、戦のことを忘れてしまえば必ず危ない目に遇うことになる。

 天下が既に平定され、天子が大いに和(やわ)らぎ楽しんでいても、春に諸侯の兵を招集して秋には軍を伴って狩りに出て、諸侯は春に凱旋(がいせん)して秋に兵を整えるのは、戦のことを忘れていないからである。

 

◆解説◆

易経・繋辞下伝』には、「危ぶむ者は平らかならしめ、易(あなど)る者は傾かしむ。その道甚(はなは)だ大にして百物廃(すた)れず。懼(おそ)れてもって終始すればその要(かなめ)は咎(とが)なし。これをこれ易の道と謂うなり。(危ぶめば平らか、あなどれば傾く、道が大なら廃れず、初めから終わりまで気を抜かないで、恐れ慎むなら失敗はない。これこそ易の道なのだ。)」とある。天下が安平であっても兵事を忘れないとは、まさにこのことである。

 

公開分は以上です。続きはご購入の上お楽しみください。

司馬法: 兵法 武経七書 Kindle版

司馬法: 兵法 武経七書 Google Play版

 

翻訳本 司馬法 少しずつ公開1 「はじめに」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 司馬法 少しずつ紹介2 「なぜ戦うのか」 - 平田 圭吾のページ

翻訳本 司馬法 少しずつ紹介3 「戦の五徳」 - 平田 圭吾のページ

今はこの記事⇒翻訳本 司馬法 少しずつ紹介4 「人を愛して戦を忘れず」 - 平田 圭吾のページ

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。