読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平田 圭吾のページ

翻訳や著作にあたって感じたことなど、漢籍の読み方、本の選び方など(記事の無断使用・転載・複写を固く禁じます)ツイッター@kann_seki お問い合わせ・ご意見などはkeigossa☆yahoo.co.jp

『世襲格差社会 - 機会は不平等なのか』 (中公新書) を読んで

本の概要

まあ、普通の本だった。

トマ・ピケティの格差論(もっともこれは、主に資産相続によってもたらされる格差に関する理論のことなのだけど)に影響を受けた著者の方が、世襲に着目して格差を検証するという本だった。

 

相続と世襲の違い

このように書くと、資産相続と世襲はどう違うのか?と思われるだろう。そこでまず、資産相続とは、例えば、一億円の株を親子間で相続することであり、不動産の所有権や、金塊などを親から引き継ぐことである。これに対して、世襲とは、職業、つまりやっている仕事それ自体を親から引き継ぐことである。

 

これを簡単に具体的な話にすると、例えば、会社の所有権は株主にある。
この上で、創業者がオーナー社長を勤めていて、この株だけを子供に引き継いだ場合は資産相続ということになる。まあ、子供は株の配当金で遊んで暮らすことになるだろう。
この一方で、株は上場することにして、広く市場で売却し、社長という経営権だけを創業者の子が引き継いだ場合、これは職業世襲ということになる。子供は、雇われ社長ということになり、株主に監視されながら社長としてそれなりに働くことになるだろう。
最後に、両方が子に引き継がれたのならば、資産相続があり、職業世襲もあったということになる。この場合は、世間知らずのボンボンが配当金で贅沢をしながら、会社をワンマン経営するという最悪のパターンになりやすい。
この例で分かるように、資産相続と職業世襲は、親から子に引き継がれるという点では同じだけど、社会に与える影響や、その実態は似て非なるものだ。

 

本の内容

この違いを踏まえた上で、この本では、職業世襲が格差にどれほどの影響を与えているのかということを、主にデータ解析から読み解いている。

書かれている内容としては、それほど難しくはないのだけど、時折出てくる図表を読むには、ある程度の統計学の知識が必要であろうと思われる。ちなみに、この本では、統計に関する説明は一切なく、図表の縦軸の単位の説明はあっても、横軸の単位の説明が一切ないという非常にイライラする著述法が取られている部分があった。読者に対して親切とは言えないし、データに対する不信感を煽ってしまう編集設計と言える。

まあ、これに関しては適当に流し読みする人や、知ったつもりになりたい程度の読者ならば気にならないだろう。というか、むしろ、最近の新書ではこういった編集方法や著述方法が主流で、編集や著者の質の低下というよりは、読む人の質の低下が問題なのかもしれない。

 

第一章 二極化する世襲

低所得帯に位置する「宗教関係(寺院・神社)・農業」と、高所得帯に位置する医者で、世襲が多くなっていることが明らかとされる。

 

第二章 世襲の歴史的背景

日本では歴史的に、どのように世襲が行われてきたかということが、主に江戸~現在について詳しく語られる。

 

第三章 継がれなくなりつつある仕事

農業は全体から見た時の世襲率としては高いのだけど、廃業したり兼業農家に転向する人が多いため、世襲の件数自体は少なくなっていること、また、同様の理由で小売業(近所の八百屋的存在)も継がれることがなくなっていることが語られる。

 

第四章 親から子に継がせようとする仕事

これで一番多いのは、医者である。なんと世襲率は56%とかなり高い数字であり、医学部を卒業するには相当な学費が必要となることがこの理由であろうとのことで、実にその通りであろうと思った。隠れ世襲が高い職業に、研究職(世襲率10%)があるのだが、これは意外だった。

 

第五章 継ぐか継がないかを分かつもの

恐らくここが、この本の一番の見所で、かなり当たり前のことなのだけど、継ぐか継がないかを分かつものは、儲かりそうなのか儲かりそうでないのかというこの一点であるとのことである。だから、前途洋々で儲かりそうならば親は子供に仕事を継がせようとするし、子供も喜んで親の仕事を継ぐ。あまりに当たり前のことだけど、盲点と言えば盲点のことであった。

 

第六章 世襲の功罪

自営業自体が減って世襲がなくなったことで、気軽に働きに出れるような近隣ネットワークがなくなり、失業者・NEET・SNEPが増えたとしている。こういった面からすると、世襲にはメリットがある。その一方で、言うまでもないけど、政治家の世襲はデメリットが多いのではないかということが述べられている。また世襲のメリットとして、歌舞伎などは、世襲だからこそ大胆な改革がやりやすいとあり、確かにそうだろうと思った。

 

終章 機会の平等を考える

機会の平等と世襲の関係について著者が意見を述べるのだが、機会均等で「運」が大きな障壁と成る部分に、相続税所得税をかけるような税制を考えるのが良いだろうとのことであった。

 

個人的な世襲に関する結論

いつもの結論だけど、世襲には一長一短があり、これも使う人次第なのだ。親が欲目だけで世襲をすれば、アホなのに権力をもってしまった二代目三代目がやってはならないことをやって、多くの損害を出してしまう。かと言って、世襲は悪だとして、能力のある二代目三代目が無闇に追い出されれば、近隣ネットワークがなくなるし、カリスマのない人が善い改革をし損ねて、かなりの利益が失われる可能性も出てくる。

世襲も、乱君有りて乱国無く、治人有りて治法無し。(荀子より)なのだ。

 

世襲格差社会 - 機会は不平等なのか を入手して世襲の実態を詳しく知る

 

本の紹介記事 まとめ

記事の見方

本のタイトルの前に、おすすめ度と難易度を5段階評価してあります。

おすすめ度

★★★★★⇐高評価・低評価⇒★☆☆☆☆

これは、私の個人的評価で、総合的にこの本を私がおすすめするかどうかの目安です。

★5:必ず利益があるので一人でも多くの方に読んで頂きたい

★3:損をするということはないので興味のある方には読んで頂きたい

★1:読んでも時間の無駄かもしれない

難易度

★★★★★⇐難しい・簡単⇒★☆☆☆☆

これは、書かれていること自体の難易度で、下知識がどれくらい必要かの目安です。

当然ですが、難しいもののほうが書かれている内容の価値は高くなります。しかし、難しいものは、その分野への知識が少ない方が読むと、良い本であっても意味が分からない本となってしまいます。

★5:別の参考書や解説がなければ理解できない

★4:関連する分野に興味を持って取り組んでいれば理解できる

★3:考えながら本を読む習慣があれば理解できる

★2:本や新聞を読む習慣があれば理解できる

★1:ほとんどの人が理解できる

 

ジャンル別

 

政治・政治思想

おすすめ度★★★★☆ 難易度★★★☆☆  近代政治哲学: 自然・主権・行政 (ちくま新書)

おすすめ度★★★☆☆ 難易度★★☆☆☆  『多数決を疑う――社会的選択理論とは何か』 (岩波新書)

おすすめ度★★☆☆☆ 難易度★★★★☆  はじめての政治哲学――「正しさ」をめぐる23の問い (講談社現代新書) 

 

海外・国際

おすすめ度★★★★☆ 難易度★☆☆☆☆  『ルポ トランプ王国−もう一つのアメリカを行く』 (岩波新書)

 

経済・金融

おすすめ度★★★★★ 難易度★☆☆☆☆  『20歳からの金融入門』(日本経済新聞出版社)

おすすめ度★★★★★ 難易度★★★☆☆  『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』 (講談社ブルーバックス)

おすすめ度★★★☆☆ 難易度★☆☆☆☆  『こんなにおもしろいファイナンシャルプランナーの仕事』

おすすめ度★★☆☆☆ 難易度★★★★☆  『経済学の哲学 - 19世紀経済思想とラスキン』(中公新書)

 

社会・社会問題・ネット

おすすめ度★★★☆☆ 難易度★★☆☆☆  『世襲格差社会 - 機会は不平等なのか』 (中公新書)  

おすすめ度★★★☆☆ 難易度★★☆☆☆  『ソーシャルメディア炎上事件簿』(日経BP社) 

おすすめ度★★★☆☆ 難易度★★☆☆☆  『ネット炎上対策の教科書ー攻めと守りのSNS活用』(日経BP社)

心理

おすすめ度★★★★☆ 難易度★☆☆☆☆  『他人を攻撃せずにはいられない人』(PHP新書)

おすすめ度★★★★☆ 難易度★★★★☆  『フロイト入門』(筑摩選書)

 

歴史

 

宗教

 

哲学

 

古典 

 

『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』 (講談社ブルーバックス) を読んで

読みやすいとても良い本

大変良い本だった。

ビットコインや通貨について興味がある人は是非とも読んで頂きたい。

ただ、難易度としては、経済(特に為替)と金融とインターネット暗号の原理について、ある程度の予備知識や、それらについて考える事の「慣れ」が必要になってくると思う。説明は丁寧で分かりやすいのだが、もともと難しいことを語っているので、理解できるかどうかは読み手次第かもしれない。

また、著者や編集者の方が大変誠実な方であることが、著述の節々から見て取れて、非常に好感が持てた。というのも、「難しいので説明は省略する」とか、「後で詳しく説明する」という記述がしっかり機能しているからだ。著者や編集者が不誠実な人間であると、かなりの確率で、これらの言葉が機能していないか、そもそも書かれていない。

レビューは当てにならない

とはいえ、最近は、自分の知識の少なさや考える能力の低さを、著者や出版社のせいにする人が増えているようで、誠に残念ではある。実際に本を読んでから、人のレビューなどを見ると、レビューがいかに当てにならないものかよく分かる。本来、評価できない人が本の評価をするレビューというシステムは、やはり欠陥が多いと言える。

 

本の内容

第一章 ビットコインとはなにか?なぜ生まれたのか?

ビットコインがどういったものか、どういう経緯でできたものか、ということが大雑把に語られている。
簡単に要約すると、「ビットコインとは、暗号そのものが通貨となったもので、財産という観点からすれば金や銀などの貴金属に近い」ということになる。
ビットコインができた経緯としては、もともと、中本哲史なる人物が発表した論文が元になって、それを読んだ有志が「面白そうだ」という気持ちでやり始めたものらしい。それが、あまりにもうまくシステムが考えられているものだから、多くの人が利用するようになり、こうして価値を持ち始め、次第に金銭でも取引されるようになったようだ。 

 

第二章 ビットコインは通貨として通用するか?

金融と経済学の観点から、ビットコインが語られる。その上で、「通貨」というものがどういったものかについて、丁寧に説明があるのだが、経済学に全く疎い人は、全然理解できないかもしれない。
また、金融の観点から、ビットコインが「少額決済」に向いていること、「多国間決済」に向いていることが語られる。この観点からして、ビットコインのライバルは、クレジットカードになるということらしいが、実にそのとおりであろうと思った。

 

第三章 ビットコインを支える暗号技術

実際にビットコインを支えている暗号技術や、ネットワークシステムについて説明されている。本来ならかなり難しいであろうことが、非常に丁寧にまた分かりやすく説明されているが、ここでは説明しないので、興味のある方は実際にこの本を読んで頂きたい。 

 

第四章 ビットコインは通貨の未来をどう変えるか

ビットコインが、国家通貨と比較して、有用なのか、信頼に値するのか、ということについて、著者の意見が述べられている。
その過程で、中央銀行制度や国家財政、通貨の裏付けとは何か、などと言った金融経済でもかなり難しい、というか複雑な部分についての説明があり、その上で、ビットコインとの比較が説明される。
途中に、日本は江戸時代の時点で、かなり金融の発達した国だったということが書かれていて、非常に興味深かった。それなのに、幕府の放漫財政と、明治政府の強引な政策によって、この金融システムが破綻した経緯があるとのことで、また別の本で調べてみたいと思った。
あと、ユーロの失敗について詳しく語られていて、通貨が複数存在し、かつ為替が存在することの重要性も丁寧に説明されており、非常に勉強になった。

 

『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』 を読んで経済・金融・暗号を勉強する

 

ビットコインとの賢い付き合い方

最後、自分の意見として、ビットコインは、通貨としての価値はあるし、今後も需要は無くならないと思う。ただ、多く所有して儲けようといういわゆる投機の対象にするほどのものではないだろう。「自分が国際決済や小額決済で使う程度に所持する」くらいが、ビットコインとの賢い付き合い方であると思う。

 

経済の脆弱性

あと、この本を読んでいて、国家通貨もそれほど当てにならないものであることが身に沁みて分かった。というのも、国家通貨でも、仮に、日本経済が破綻、あるいは世界大戦のような惨禍が起きれば、一瞬にして価値が無くなってしまうからだ。「いやいや銀行や国がしっかりやってくれる」と思われるかもしれないが、石油が無くなって電気が供給されなくなれば、当然に銀行内の残高データやもちろん株式の所有のデータさえ全て飛んでしまう。こうなった時点で、国家通貨は崩壊するし、もちろんビットコインも一瞬にして消えてしまう。石油や電気への人類の依存度ということについては、本来なら国家レベルでもっと議論されるべきことである。しかしながら、そういった話は聞いたことがない。誰もこのことについて危機感を持っていないのは、実に危ういことである。

 

『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』 を読んで経済・金融・暗号を勉強する

 

平田 圭吾のページは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。